Light Mellow on the web 〜 turntable diary 〜

音楽ライター:金澤寿和の音盤雑感記
This is Music Journalist : Toshi Kanazawa's Blog. Sorry for Japanese only.

This is Music Journalist : Toshi Kanazawa's Blog.
Sorry for Japanese only.

Live Review

■ SPARKLING☆NIGHT feat.黒住憲五

kurozumi_pillowsparklig cherry 大

今日はサンタナ@日本武道館を振り切っての、SPARKLING☆NIGHT feat.黒住憲五&丹波博幸&園山光博@下北沢440。実は黒住さんのアナログ・レコード3枚の再発記念イベントでもあって、昨日はドゥービー・ブラザーズを観た後、某スタジオでのリハーサルに顔を出してきた。

続きを読む

■ THE DOOBIE BROTHERS @日本武道館

doobie live
都内某所でJ-POP系シンガーの新作カヴァー・アルバムの打ち合わせ〜ドゥービー・ブラザーズ@日本武道館へ。映像作品を結構観ているためか、果たしてナマの彼らを最後に観たのが一体いつだったか、ハッキリした記憶がない 再結成後の代々木オリンピック・プールで観たあと、しばらくして東京国際フォーラムで観た気がするが、09年のデレク・トラックス・バンドとのカップリング・ツアーは行けてない… ちなみにドゥービーズの武道館公演は、21年ぶりなのだとか。

続きを読む

■ YUKO IMAI ACOUTIC LIVE / 今井優子

yuko_terra170422

3ヶ月前に初めて会ったばかりなのに、ふと気づくと 何故か “チーム今井優子” という名の応援団的取り巻きスタッフに組み込まれているカナザワ。今日はその今井優子のアコースティック・ライヴ@西荻窪Terra。50人も入ればイッパイの小さなライヴハウスながら、四人囃子周辺や伊藤銀次さんも出演されているというコトで、ちょっと気になっていたハコだ。今回は関係者としてサウンド・チェックから立ち会ったが、音は上々、優子嬢の声もよく出ていて、本番が楽しみになった。ちなみに今日は満員御礼のソールド・アウト、立ち見もチラホラ…という盛況ぶりである。

続きを読む

■ YES feat. ANDERSON RABIN WAKEMAN

anderson rabin wakeman

昨日17日、アンダーソン・ラヴィン・ウェイクマン(通称ARW)から突如改名したイエス feat.アンダーソン・ラヴィン・ウェイクマンのライヴ、日本公演初日@渋谷オーチャードホールへ足を運んだ。やっと『ロックの殿堂』入りを果たし、つい10日ほど前にニューヨークで開催されたセレモニーに登場。ARWの3人と、クリス・スクワイアーの死後、本家イエスの家督を継いでいるスティーヴ・ハウとアラン・ホワイトが合体。大のイエス・ファンを公言しているゲディ・リー(Rush)が助っ人参加して、<Roundabout>と<Owner Of A Lonely Heart>を披露したのだ。そしてその僅か3日後にARWが改名し、2組のイエスが並立することに。おそらくはクリスの遺志を汲んでだろう、名前を巡ってお家騒動を繰り広げるより、かつての中心メンバー全員がイエス・ファミリーを名乗れるよう、手打ちが行われたと思われる。そしてファンが2度目の大同団結=リユニオンを期待するのを尻目に、2組のイエスが同等に活動できることになった。

続きを読む

■ Birthday Live at Blues Alley Japan / RENAJA

16836054_772574969573356_8172183225118833921_o
昨年9月以来のルネージャ・ライヴに参戦@Blues Alley Japan。よりによって今夜は、自分の監修シリーズでCDをリリースしている2組のアーティスト、Daisuke と ルネージャのライヴがバッティングしてしまい…。しかもこの2人、ルネージャのアルバムで完璧なデュエットを披露している。Daisuke の1月のR&Bカヴァー・ライヴも素晴らしく、当然次回も、と思っていたのに、オメェら、お互いチョッとは調整しあえよッ …というワケで、今回はしばらくご無沙汰しているルネージャの方に足を運んだ。Daisuke、メンゴ〜

続きを読む

■ DAVID BOWIE IS

david bowie is
小雨そぼ降る花冷えの土曜日、『DAVID BOWIE IS 〜 デヴィッド・ボウイ大回顧展』を見に、天王洲 寺田倉庫G1ビルまで足を運んだ。開催残り1週間で滑り込み。もっと混んでいるかと思いきや、早い時間にエントリーしていたためか、数分並んだだけで場内へ。展示物の圧倒的品数と斬新さ、60年代末からの古い映像作品をどう見せるか、という創意工夫など、とても興味深く楽しめるエキシビジョンだった。

続きを読む

■ THE COMPLETE COCONUT BANK

coconuts bank
行き慣れたライヴ・ハウス:下北沢440で、伊藤銀次率いるココナツ・バンク『イエ〜イエーで Goin7 On!!』を堪能。73年の解散から早44年。アルバムも出せずに散ったはずのバンドが、03年のミニ・アルバム発表を経て、今年は初のコンプリート・アルバムを出した。それだけでも有頂天なのに、超ご機嫌なこの日のライヴ・パフォーマンス。あれだけ人が入っている440も、初めて見たわぁ〜!

続きを読む

■ SOUL EYES / KANDACE SPRINGS

kandace spring
プリンスがデビューにひと役買ったブルーノートの新しい歌姫キャンディス・スプリングスが、2度目のジャパン・ツアーをスタート。昨年9月の日本初ツアーは見逃してしまったし、その前のプロモ・ライヴも観られなかったが、話題の新人だけあって露出は多く、そのネイキッド&ウォームな歌声にはシッカリ惹きつけられていた、そして今日、ブルーノート・トーキョー3daysの初日1st Showに駆けつけた。

続きを読む

■ BLUEPRINT / STEPHEN BISHOP

bish_blueprint
スティーヴン・ビショップ 8年ぶりの来日公演@Billboard Live Tokyo 1st Showを観た。このところ日本へ来るたびに観ているので、かれこれ4〜5回目の観戦だろうか。今回も近年の定型フォーマットであるkyd:ジム・ウィルソンとの2人ステージだが、米国ではジムもヒーリング系ピアノ奏者として成功していて、ビッシュがゲスト参加したソロ作がある。そこでまずジムが2曲ピアノ・インストを披露し、ビッシュを招き入れる形でステージが始まった。

続きを読む

■ジャンク フジヤマ&ファンタジスタ『JUNK STRUT』@目黒 Blues Alley Japan

junk flash
ディスクユニオン新宿ロックレコードストア5Fにて行われたトーク・イベント、無事終了。インストアではありましたが、通路が通りにくくなってしまうほどのご来場を頂き、本当にありがとうございました。テーマは言わば、アナログ盤で綴る最新AOR Light Mellow事情をランキングでご紹介、といった感じでしょうか。最近アナログ・リリースがあった作品たちを、カナザワが独断と偏見で選んで順番に紹介していく、という趣向です。

続きを読む

■ Sparkling☆Night @下北沢440

natsu summer 2sparklig cherry 大

恒例のバイ・マンスリー・イベント Sparkling☆Night @下北沢440。カナザワがトータル・プロデュースを務める sparkling☆cherry がホストになってお届けする2stage 形式のライヴですが、今回は流線形:クニモンド滝口が手掛けるシティポップ・レゲエ・シンガー:ナツ・サマーがゲスト。普段、大ベテランとか大御所との共演が多い sparkling☆cherry が、まだデビュー仕立てのフレッシュな個性と絡みました。

続きを読む

■ NATHAN EAST VIP ファンミーティング Vol.2

nathan east 2
ネイザン・イーストの Billboard Live Tokyo 2daysを明日・明後日に控え、銀座ヤマハで開催された『VIP ファンミーティング Vol.2』に潜入してきた。カナザワはBillboard 公演に行くつもりでスケジュールを調整していたが、ある筋からこのイベントへのお誘いアリで。実は前回公演も、その前のサマーソニック出演も見ているので、この貴重なイベントを見られるなら今回はそれでイイかと。結局、佐藤竹善がゲスト出演する日は、都合がつかなかったのよ。

続きを読む

■ 冨田ラボ LIVE 2017@恵比寿LIQUIDROOM

tomita lab_superfine
冨田ラボ LIVE 2017@ 恵比寿LIQUIDROOM に参戦。最新アルバム『SUPERFINE』に参加したシンガーから、AKIO、安部勇磨(never young beach)、城戸あき子(CICADA)、坂本真綾、眈訃淑拭cero)、藤原さくらが出演。更に『SUPERFINE』前哨戦とも言えそうな重要プロデュース作『LUSH』のbirdがゲスト。バック・メンバーには、冨田恵一(kyd,g)以下、 平 陸(ds)、鈴木正人 (B/Little Creatures)、樋口直彦 (g)、Meg / ツヤトモヒコ (cho)らが顔を揃えた。

続きを読む

■ 本気でAOR NIGHT ツアー2017

aor shirt
3日遅れのライヴ・レポートは、13日(月)『本気でAOR NIGHT ツアー2017』@目黒Blues Alley Japan 2nd show。このブルースアレイを拠点にして、14年からスタートしたこのプロジェクト。カナザワが足を運んだのは、サックスの竹上さんにお誘いいただいて以来、これが2度目になる。
続きを読む

■ CARRY ON / BOBBY CALDWELL

bobby_carry on
前回ツアーはスケジュールがまったく合わずに断念したけれど、今回は美形女性シンガー・ソングライターさんをエスコートして、東京3デイスの中日 2nd Show@Billboard Live Tokyo へ。来日メンバーは、ボビー以下、我が Light Mellow's Choiceシリーズでソロ作を出しているマーク・マクミレン(kyd)、看板ソロイスト:アンドリュー・ニュー(sax,kyd)、カーライル・バリトゥ(g)、ロベルト・バリー(b)トニー・ムーア(ds)という安定のメンツ。リズム隊は直前に来日していたポール・ブラウン(g)でもバックを務めていたらしく、日本で一行と合流したと思われる。

続きを読む

■ 新春 Pink Lady Night 2017 @ Blues Alley Japan

mie_pink lady night
去年は諸事情で参加できなかったが、今年は復活して観てきました『新春 Pink Lady Night 2017 @ Blues Alley Japan』2nd Show。この恒例イベント、最初は2010年に半年に渡って開催された未唯mieさんマンスリー・ライヴの一環として、同年6月に行われた企画。それが、鳴りモノいっぱいで縁起が良い、とのコトから、翌11年の年明けに再演され、そのまま定着。今年で7年連続の新春公演となる(合計8回目)。つまりカナザワは、これを観るのは6回目になるワケだ。



続きを読む

■ Daisuke & The Fal-Comb.Band LIVE 〜 In the mood - R&B only Special Nite 〜

daisuke_2
今日は Daisuke & The Fal-Comb.BandのR&Bオンリー・スペシャル・ライヴ@渋谷JZ Brat。このところ少し出不精になっているためか、コレが自分の今年初ライヴ参戦だった。去年の締めが sparkling☆cherry で、年初めが Daisuke と、どちらも我が Light Mellow's Choice からCDリリースしたアーティストというのが、ちょっとビックリ。

続きを読む

■ SPARKLING☆NIGHT / SPARKLING☆CHERRY + 山川恵津子 + 三沢またろう

sparklig cherry 大
12月は諸事情でライヴへ行く機会が少なかったので、カナザワがトータル・プロデューサー的に関わっている sparkling ☆ cherry の定例ライヴ:sparkling ☆ night@下北沢440 がライヴ納め。

続きを読む

■ 上原ひろみ ザ・トリオ・プロジェクト 『SPARK』JAPAN TOUR 2016

hiromi_spark
昨夜は早めに寝床へもぐり、夜中にもたっぷり水分補給して朝までグッスリ おかげで風邪はピークを越えたみたいで、身体がスッキリ軽い。咳はまだ出るけれど、何とか内視鏡検査もライヴも予定通り。仕事だけがちょっと滞り気味ではあるけれど…

続きを読む

■ YES JAPAN TOUR 2016

yes_japan tour 2016
イエスのジャパン・ツアー2016最終日@渋谷・Bunkamura オーチャードホールを観た。さすがに73年の初来日は観てないものの、<Owner Of A Lonely Heart>ヒット後のツアー、8人組のユニオン・ツアー、そしてその後2度ほど来日公演に参戦。しかし、やっぱり究極の8人体制を観てしまったあとのステージはどうも物足りず、そのまま足が遠のいた。今回の来日でも、『YESSONGS』と『TALES FROM TOPOGRAPHIC OCEANS(海洋地形学の物語)』からの曲を演るという当初のアナウンスを聞いたとコロで、食指は動かず。でもそのあと『DRAMA』からも何曲かプレイする、そして今後は『DRAMA』の楽曲は演奏しない、なんて追加情報が入って、俄然行く気に。もちろん『こわれもの( FRAGILE)』や『危機( CLOSETO THE EDGE)』がイエスの代表作なのは分かっちゃいるが、天邪鬼なカナザワは、むしろ、『RELAYER』や『究極(GOING FOR THE ONE)』、そして『DRAMA』に愛着を持っちゃうのよ。

続きを読む
HOME
Light Mellow on the Web

link_fb
細かいNewsはコチラで発信
TOPICS
いよいよ 1st Full Album 登場!


年内最終!
音盤トーク017
トーク&音盤ライヴ Vol.11
12月16日(土)
open 15:00 / start 16:00
@武蔵小山カフェアゲイン
charge 1,500円
ハイエンド・オーディオのレーザーターンテーブルを使って爆音AORを聞くイベントです。
※上記画像は古いものです


今年も監修してます!
aor city 2017 board
aor city 2017
ソニーミュージック オフィシャルページ
Light Mellow Searches
 カナザワ監修シリーズ
 from P-VINE Records

WORKS(解説)

Recent Comments
Article Serch
Archives
  • ライブドアブログ