Light Mellow on the web 〜 turntable diary 〜

音楽ライター:金澤寿和の音盤雑感記
This is Music Journalist : Toshi Kanazawa's Blog. Sorry for Japanese only.

This is Music Journalist : Toshi Kanazawa's Blog.
Sorry for Japanese only.

Information

■ DRUMS ! DRUMS! A GO GO / HAL BLAINE

hal blaine

60年代の米ポップス・シーンを支えた名セッション・ドラマーで、レッキング・クルーの中心人物として活躍したハル・ブレイン(本名ハロルド・サイモン・ベルスキー)が、3月11日にカリフォルニア州パーム・デザートの自宅で逝去。特にどこかを病んでいたワケではなく、老衰による自然死、つまり大往生と言える。享年90歳。

続きを読む

■ Light Mellow presents 音盤&トーク・ライヴ Vol.14 TOTO特集 @ 神保町 楽器カフェ

lightmellowイベント201902-9ol

約半年ぶりの『Light Mellow presents 音盤&トーク・ライヴ』。場所を都心の神田神保町、開催日を土日からウィークデーに移しての初開催で、果たしてお客様にお集まりいただけるのか不安もあったが、来日直後で限定BOXの発売もあったTOTOをネタにしたタイミングの良さが手伝って、これまでよりも多くの方々に来場していただいた。まずはお運びいただいた皆さま方に 改めて多謝 m(_ _)m

続きを読む

■ SOUL MATES / THE KING TONES

kingtones_soul mates

本日の訃報2本目は、68〜69年に大ヒットした<グッドナイト・ベイビー>で知られる和製R&Bグループの草分け、ザ・キングトーンズのリーダーにしてリード・テナー:内田正人逝く、のニュース。日本屈指の本格的ドゥ・ワップ・グループとして、大滝詠一や山下達郎からも敬愛された。近年は内田の実質的引退により、グループとしての活動を停止していた。享年82歳。

続きを読む

■ SIGNS / TEDESCHI TRUCKS BAND

tedeschi trucks_signs

今日は朝っぱらから訃報が立て続けに。まずは、まさに15日に4枚目のオリジナル・アルバム『SIGNS』が発売されたばかりのテデスキ・トラックス・バンドのキーボード/フルート奏者コフィ・バーブリッジが、まさにそのアルバム発売日に死去。彼は以前から心臓を患っており、昨年6月に手術を受けていたとか。その後仕事に復帰したが、合併症を起こしてアトランタで亡くなったと伝えられている。享年57歳。

続きを読む

■ THE GAP BAND IV

gap band IV

多くのR&Bシンガーに指針を与えるアンクル・チャーリーことチャーリー・ウィルソンがいたギャップ・バンドを育て上げ、ヤーブロウ&ピープルズをデビューさせた敏腕プロデューサーにして、トータル・エクスペリエンス・レコードの創設者ロニー・シモンズが、2月6日、就寝中に死去した。現時点では詳細不明。70歳代だったと思われる。

続きを読む

■ FOREVER MORE / JAMES INGRAM

james ingram

facebook には真っ先にポストしたが、朝一番にジェームス・イングラムの訃報が飛び込んできた。1月29日にL.A.で死去。享年66歳。脳腫瘍を患っていたという。でもマイケル・ジャクソン同様、恩師クインシー・ジョーンズよりも先に逝ってしまうとは…。クインシーの81年のアルバム『THE DUDE(愛のコリーダ)』にリード・シンガーとして抜擢され、彗星のようにデビューしたジェイムス。最近はあまり表立ったニュースがなく、08年のゴスペル・アルバム『STAND(IN THE LIGHT)』がラスト・リリース。その去り方も半ば電撃的なものだった。

続きを読む

■ FANTAZTIK +4 / EDWIN BIRDSONG

edwin birdsong

世間的にはテニスの大坂なおみ選手の全豪オープン優勝、音楽シーン的にはミシェル・ルグラン死去が話題の一日ながら、カナザワ的に忘れないうちに書いておきたいのは、2〜3日前に訃報が届いたエドウィン・バードソングのこと。一般的にはほぼ無名のkyd 奏者ながら、ロイ・エアーズの右腕として重用され、ユキビティでは中核メンバーとして知る人ぞ知る存在だった。21日にL.A.の病院で逝去。享年77歳。

続きを読む

■ RUSHING TO MEET YOU / CLYDIE KING

clydie king

年が明け、1月がまだ半分も過ぎてないというのに、またまた訃報。L.A.でセッション・シンガーとして活躍していたクライディ・キングが、7日に死去した。享年75歳。今となっては知る人ぞ知る、という存在だけれど、当ブログのお客様であれば、その歌声は必ず耳にしている。何せスティーリー・ダンに重用され、名盤『AJA』の<Black Cow>や<Deacon Blues>、<I Got The News>でコーラス隊を務めたほか、『CAN'T BUY A THIRILL』や『THE ROYAL SCAM(幻想の摩天楼)』でも歌っていた人なのだから。

続きを読む

■ SOMETIMES YOU WIN / DR. HOOK

dr.hook

正月気分もそろそろ終わり…、というコトで、ちょっぴり悲しい訃報を昨日に続いて。70〜80年代に人気を博したドクター・フックの中心人物レイ・ソウヤーが、米フロリダ州デイトナビーチで逝去。死因は明らかになっていないが、最近はずっと闘病生活を送っていたらしい。実のところ、逝去の報は元旦早々に飛び込んできたのだが、年明け一番のポストがお悔やみ情報なのも憚られるので、一旦は自分の胸の内に止めた次第である。享年81歳。

続きを読む

■ SONG OF JOY / CAPTAIN & TENNILLE

captain_tennille 2

年明け早々なのに、もう訃報。70年代に多くのヒット・チューンを産み落とした夫婦のポップ・デュオ:キャプテン&テニールの “キャプテン” ことダリル・ドラゴンが、1月2日、入院していたアリゾナ州プレスコットのホスピスで亡くなった。死因は腎不全。相方のトニ・テニールとは13年に離婚したが、その後も良い関係を続けていて、ダリルが体調を崩してからは、彼女が身の回りの世話のためアリゾナへ引っ越し、旅立ちの瞬間もトニが看取ったそうだ。享年76歳。

続きを読む

■ AOR Light Mellow

aor light mellow 99aor light mellow 01

新年明けましておめでとうございます。本年もどうぞヨロシクお願い申し上げます。昨年最後のポストにも書いた通り、今年はカナザワの音楽ライター稼業20周年、そして自分のキャリアの土台となったディスク・ガイド『AOR LIght Mellow』の初版(ブルーの方)からも20年という節目の年(右は01年の増補改訂版『AOR LIght Mellow Remaster Plus』)。とにかく今年はコレの20th Anniversary Edition を何とかしたいゾ、と。

続きを読む

■ FAREWELL 2018

mirage_jyuko_shine
ygsf2positive force

2018年が間もなく終わろうとしています。今年もたくさんの方々に出会い、支えていただきました。例年以上にドタバタで、今更ながらに初めて体験することが多かった一年でしたが、逆に穏やかな年末になりました。お世話になった皆さま、どうもありがとうございました。

続きを読む

■ KALAPANA II

kalapana 2

例年になく仕事が落ち着いているこの年末だが、忘年会/慰労会の類いは例年の倍以上。いつもは2〜3件顔を出して終わるのに、今年は今週だけで4件もお声掛け戴いて。ただどれもサクッと終わる感じなので、呑んだくれ状態には陥らずにいられる。

続きを読む

■ Light Mellow Summit @新宿カブキラウンジ

lightmellow summit

年内最後の Light Mellow Summit にてゲストDJ。足をお運びいただいた皆さま、どうもありがとうございました。特に今回は、韓国のシティ・ポップ・フリークが遊びに来てくれてビックリ。和モノ本を手にサインまで求められちゃって、驚きました。今回のセレクトは、定番曲とシングルが多めです。

続きを読む

■ IF I HAD MY WAY / NANCY WILSON

nancy wilson_97

米の大御所ジャズ・シンガーであるナンシー・ウィルソンが、13日、米西部カリフォルニア州の自宅で死去。死因は明らかではないが、長きに渡って闘病生活を送っていたという。50年代後半から本格的に歌い始め、60年にデビュー。約70枚のアルバムを遺し、グラミーも3度受賞している。享年 81歳。

続きを読む

■ THE GOSPEL ~ Accoding to Luke ~ / STEVE LUKATHER 自伝

lukather_jidenlukather_ gospel

『福音書〜THE GOSPEL』と名付けられたスティーヴ・ルカサー自伝が先月末に発刊、好評を呼んでいる。ずいぶん前から出ることは知っていたが、自分のところに巻末の解説執筆の依頼がやってきたときはビックリ。自分は確かにAORフリークだけれど、ルカサー・ワークスを積極的に追っ掛けていたのは昔の話。ルーク主導でロック・フュージョン色が濃くなってからのTOTOには、あまり熱心になれていなかった。まして自分はギター弾きではないから、もっと相応しい人が他にいるのでは?とも思った。

続きを読む

■ LIVE Light Mellow Vol.1.5 〜 Future CityPop Edition

lightmellow1.5_A4omote_ol

またしてもスッカリご無沙汰してしまいました。
その間に、カナザワ・プロデュースのライヴ・イベント:LIVE Light Mellow Vol.1.5 〜 Future CityPop Edition の開催が、今週末に迫ってきました。お席にはまだ余裕があるので、ぜひ今からでも参加をご検討ください。

〈LIVE Light Mellow Vol.1.5 Future CityPop Edition〉
12月8日(土) 東京・天王洲アイル KIWA TENNOZ
開場/開演:15:30/16:30
出演:ブルー・ペパーズ/カンバス
料金:4,500円(税込/ドリンク代別)
※整理番号順入場制
※未就学児童入場不可

主催・制作:LIVE Light Mellow 実行委員会
お問合せ:キャピタルヴィレッジ(03-3478-9999)
好評発売中 チケットぴあ(Pコード:132-308)
      ローソンチケット(Lコード:74261)
      e+/CNプレイガイド/キャピタルヴィレッジ

続きを読む

■ BOHEMIAN RHAPSODY / QUEEN

queen_bohemian rhapsody

相方にせがまれ、ひとまず公開初日のレイトショーでクイーンの映画『ボヘミアン・ラプソディ』を観てきた。それほど熱心なファンではなかったけれど、『QUEEN II』からずーっとリアルタイムで接してきたバンドなので、『THE GAME』あたりまでは思い入れが強い。この映画も、ライヴ・エイドのシーンとか、なかなかに感動的で。あの日、明け方までTVに噛り付いて、ビデオを撮っていたのを思い出す。ちょうどフレディがソロ作を出した直後で、不仲説が出ていた時期だったから、あの時のメンバーの一体感は印象的だったな。でも映画を見ると、このライヴ・エイドに纏わるあたりにチョイと都合良く細工が施してあった。音楽映画としては間違いなく面白く、感動的だけれど、ドキュメンタリーとはちと違う。そこに少しばかりエクスキューズが必要な映画なのだな。(以下ネタバレあり)

続きを読む

■ AOR 帯ナイト vol.4 @ カブキラウンジ

AOR obi4

御礼が遅れました。3日(土)の AOR帯ナイト vol.4@カブキラウンジ に集まってくれた皆さま、どうもありがとうございました。レギュラー・メンバーがひとり欠席ということで、結果的にひとり45分×2回というタイムテーブルになりましたがが、それが結果的に、ゆったりと気分良く回せるキッカケになった気がしています。ありがとうございました

続きを読む

■ AOR 帯ナイト vol.4 + LIVE Light Mellow Vol.1.5 ほか

AOR obi4lightmellow1.5_A4omote_ol

ちょいと長くご無沙汰してしまいました。1日付けで約40日ぶりの更新再開です。久しぶりに「おーい、生きてるか!?」なんて声を頂いちゃってたりして…。いろいろイベントの告知関係や紹介アイテムも溜まりまくり。ひとまず自分の備忘録的に、停滞中に足を運んだり関わったライヴなどを羅列しておこう。

続きを読む
HOME
Light Mellow on the Web

link_fb
細かいNewsはコチラで発信
TOPICS
寄稿しました

WORKS - 解説
Light Mellow on SOLID
Light Mellow Searches
 カナザワ監修シリーズ
 from P-VINE Records

Light Mellow's Choice
  カナザワ監修シリーズ
  from VIVID SOUND

LIVE Light Mellow Vol.2
昨年に続いて今年も開催決定!

◆伊藤銀次・尾崎亜美・南佳孝
6月14日(金)
新宿全労済ホールスペースゼロ
18:00 open / 18:30 start
¥6,500-
LLM 2
詳細・購入はこちらから
Light Mellow's Picks × TOWER to the PEOPLE
◆ 西松一博 復刻◆
《タワーレコード限定》
nishimatsu 1
● GOOD TIMES +6 ●
購入はこちらから

nishimatsu 2
● 貿易風物語 ●
購入はこちらから
Light Mellow 和モノ
限定小冊子付き増刊!
Recent Comments
Article Serch
Archives
  • ライブドアブログ