Light Mellow on the web 〜 turntable diary 〜

音楽ライター:金澤寿和の音盤雑感記
This is Music Journalist : Toshi Kanazawa's Blog. Sorry for Japanese only.

This is Music Journalist : Toshi Kanazawa's Blog.
Sorry for Japanese only.

■ JAZZ FUSION SUMMIT 2024 @ TOKYO DOME CITY HALL

KV_sp

ブルーノートが主催するジャズ・フュージョン・サミットの第2回@TOKYO DOME CITY HALL。今回の出演者は、THE JAZZ AVENGERS、全盛期カシオペアのメンバー3人が再集結した かつしかトリオ、coba+沖仁、T-SQUARE、エリック宮城率いるビッグ・バンド:Blue Note Tokyo All-Star Jazz Orchestraの5組。今回はライヴ取材のため、初観戦してきた。チケットは見事ソールドアウト。

続きを読む

■ CWF 3 / CHAMPLIN WILLIAMS FRIESTEDT

cwf 3

CWFことチャンプリン・ウィリアムス・フリーステットの3作目、いよいよ情報解禁になりました。『CWF3』8/21発売決定! 9月には8年ぶりの来日公演も東京・大阪で! 自分も既に解説を入稿済みです。収録されたのは、先行リリース済みの6曲入りEP『CARRIE』に入っていた新曲3曲に、その後のニュー・レコーディング7曲+過去のリテイク物が1曲。更に日本盤オンリーでボーナス・トラックも4曲追加されている。

続きを読む

■ L.A. RAINBOW / DANE DONOHUE

dane donohue_new

都会の裏通り、光と影。
時はめぐり、孤独と哀愁が重なり合う瞬間、今ふたたび感動が蘇る。
幻のAORシンガー・ソングライター、デイン・ドナヒュー、
45年ぶりの奇跡的復活。仕掛け人はペイジ99のジョン・ニクソン。
そして北欧AORの旗手オーレ・ブールドが2曲参加。
新世代が牽引する現行AOR / ヨット・ロックが、
遂にここまで辿り着いた。


続きを読む

■ dive into / 重住ひろこ

hiroko shigezumi

おかえり、シゲさん そう言ってイイのかな? Smooth Aceが4人から2人になり、その都度ゲストを入れてライヴを続けてはいたものの、ジリジリと後退を強いられ、メイン・シンガーの彼女も気付いた時にはセッション活動の方が目立つ状況に。NHK Eテレ『ムジカ・ピッコリーノ』の音楽制作とか、いつからだったかな? その他にも映画・CM音楽などへの関与多数。そして愛息sotaroクンがデビューしてからは、そのサポートでよく名前を見るようになった…。

続きを読む

■ LINDA CARRIERE

linda carriere

いま話題の幻のアルバム、77年に細野晴臣プロデュースでレコーディングされたものの、そのままお蔵入りしていたリンダ・キャリエールの作品が、いよいよ日の目を見る。当時 関係者のみに配布された仮ミックスのテスト盤が、時々廃盤市場やオークションに流れ出て、10万円20万円の値が付いたとも言わてる。もし今回の正規盤が出なかったら、半ば投機対象化している現行アナログ市場では、50万とか100万とか付いちゃうのかね? 

続きを読む

■ THE SECOND ONE REDUX / STATE COWS

state cows_2nd one redux

ステイト・カウズが2013年にリリースしたセカンド・アルバムで、
彼らの代表作ともなった『THE SECONDONE』再訪盤。
北欧AORシーンの牽引役となっただけでなく、
休眠していたUSシーンのAOR好きを目覚めさせる契機にもなった彼ら。
その熱きスピリットが、この一枚に詰まっている。


続きを読む

■ island etc 『2nd One Man Live』 @ 渋谷道玄坂CrossRoad

GSMAnfLaUAA1t4MGO0m3i1bQAAgUt0

連休中日はひたすら仕事して、夕方から island etc. 2nd One Man Live@渋谷道玄坂CrossRoad。30人も入ればイッパイになってしまうようなハコで、初めて行ったけれど、熱気が直に伝わるイイ小屋でした。 island etc.は、ジャンクフジヤマのブレーンを務めるシンガー・ソングライター神谷樹 (vo,g) を中心とする4人組で、メンバーはbiki (vo,keys)、舞野州 (b)、河田勇利 (ds) 。樹(たつき)クンには、自分が監修・選曲で関わった昨年のシティポップ・カヴァー集 PAPER MOON PROJECT『CITY POP AVENUE』でもトラックメイクでお世話になっている。

続きを読む

■ 未唯mie 『裏 Pink Lady Night 2024』@Blues Alley Japan

GRaGFTla0AAEc4q

十年来の恒例お年始公演【Pink Lady Night】の裏版【裏Pink Lady Night】の1st set@Blues Alley Japan。裏版としては昨年に続き2回目になる。正月公演はPink Lady のヒット曲の数々を爆笑モノの奇妙奇天烈なアレンジで聴かせる演目だけれど、こちらは同じフォーマットで、Pink LadyのシングルB面曲をお披露目している。仙波清彦師匠率いるバンドは、正月よりは若干小振りだけれど、それでも基本メンバーは変わらずの20人越え。パーカッション・鼓だけで総勢12名という、賑やかな物量作戦アンサンブルは相変わらずだ。

続きを読む

■ レコードコレクターズ8月号 特集『ポップ史を塗りかえた1984年を振り返る』

8

レコードコレクターズ8月号、メイン特集『ポップ史を塗りかえた1984年を振り返る』と、第3特集『山川恵津子』に執筆参加しています。1984年特集は、同年にリリースされたロック、ポップス、ソウル系の歌モノ作品から、執筆陣それぞれが30枚ずつリストアップ。そこから編集部が138枚に絞り込んだモノを掲載。自分が送ったリストからは数枚外れたものの、結構の高打率と言えそう。実際の執筆担当は、マドンナ、チャカ・カーン、チェンジ、フィリップ・ベイリー、ドン・ヘンリーの5枚。

続きを読む

■ 3 CLASSIS ALBUMS / JESSE JOHNSON

jesse johnson

没後、レコーディングされたまま発表されなかった音源が続々登場しているプリンス。もちろんコアなファンには嬉しいコトだろうけど、そこまで熱心に追いかけていない者としては、ならばペイズリー・パーク・レーベル物とかプロデュース関連作とか、未CD化作やレア物の復刻を先にやってよ、などと思う。例えばマッドハウスとかザ・ファミリー、ヴァニティ6とかジル・ジョーンズ等など。そんな中、初リイシューを含むジェシー・ジョンソンの黄金期3枚をまとめた3in2がドロップされている。

続きを読む

■ REFLECTIONS ・ MOVING TARGET / GIL SCOTT-HERON

gil scott heron_reflectionsgil scott heron_moving

先月発売になったソニー【We Want Jazz】第3期のフュージョン・クロスオーヴァー名盤シリーズ。自分も2枚、解説担当させていただいた(過去作の再掲載ですが)が、今回のラインアップはいずれも定番モノばかりで、個人的には改めて買い直すべきアイテムはなかった。そんな中、例外的にゲットしたのが、ギル・スコット・ヘロン2作。いずれもアナログ時代に聴いていたアルバムだけど、CDは手元になかった。それに、この看板の下での復刻がチョッと意外にも映るな。

続きを読む

■ VANTABLACK / LALAH HATHAWAY

lalah hathaway 024

レイラ・ハサワエイ、お久しぶりの8作目。約6年ぶり、とのコトだけれど、その間にやたら貫禄がついちゃって、ちょっとコワイほどの女帝感。でも彼女ももう50歳代半ばだから、当然といやぁ当然か。ただダニー・ハサウェイの愛娘という出自はもちろん、ジェフ・ローバーやアンドレ・フィッシャーのプロデュースでデビューしたり、ジョー・サンプルとの共演盤があったりして、いつも何処かサラブレッド的イメージがあった。初期のアルバム・ジャケットもお嬢様感が漂うモノだったから、こりゃあチョッとコワすぎるって…

続きを読む

■ ペッカー・パワー / PECKER

pecker

連日のうだるような暑さ。クーラーを効かせた仕事部屋に篭ってPCに向かっているとはいえ、そこを出れば灼熱地獄で、熱気を孕んだ空気が身体にまとわりついてくる。そこでちょっとした気分転換に手を伸ばしたのが、先月末に最近アナログ再発されたばかりのコレ、『ペッカー・パワー』。近年は少々名前を聞く機会が減っているものの、日本初のサルサ・バンド:オルケスタ・デル・ソルの創設者で、渡辺香津美率いるKYLYNでもメンバーに名を連ねたパーカッション名人だ。

続きを読む

■ JOE EGAN passed away

stealers wheel 3joe egan_1st
joe egan_mapjoe egan_stay as

英国版クロスビー・スティルス&ナッシュ、なんて言われた元スティーラーズ・ホイールのジョー・イーガンが、英国時間6日午後、家族や近しい人たち見守られて息を引き取ったそうだ。元相方ジェリー・ラファティ(2011年没)の公式Facebookページを通じて、イーガンの家族がメッセージを寄せた。現時点では死因は不明。享年77。

続きを読む

■ CITRUS SUN 『ANACONGA』 JAPAN TOUR @ Blue Note Tokyo

0705_Bluey_from_INCOGNITO_presents_CITRUS_SUN___2

ブルーイ率いるシトラス・サン『ANACONGA』ツアーの日本公演 Tokyo初日1st set を観た。聞けば3days 6回公演、すべてソールド・アウトとか。2014年に突如復活してから既に数回、ほぼ来日の都度、観に来ているけれど、御本家インコグニートならともかく、シトラス・サンでこんなにパンパンに入っているのは初めてかも。どうしてだろ? 御本家も3月に来たばかりだしなぁ…? この嬉しくも予期せぬ状況には、新作のレーベル担当S氏も驚いていたな。

続きを読む
HOME
Light Mellow on the Web
Profile

link_fb
細かいNewsはコチラで発信
x_jpg lightmellow_tk
各種情報・音源リンクなど
TOPICS
Light Mellow SearchesからNew Comerを集めたコンピレーション登場!brand new sprouts
Light Mellow Searches〜Brand New Sprouts
足掛け10年のReleaseから厳選した2枚組34曲を1disc Priceで。冊子プレゼントのキャンペーンも展開中
詳細はこちら
Light Mellow 和モノ アーティスト・シリーズ
Light Mellow 森園勝敏LM 森園勝敏
四人囃子、プリズム、ソロ・アルバムから15曲をセレクト
詳細はコチラから
選曲しました
neighbors_made in street 3
■Neighbors Complain■
Made in Street 3 (Live Covers)
スタジオ・ライヴのカヴァー・シリーズ3作目はシティポップ。まずは配信リリース開始
https://linkco.re/UxfEaz6E
LPは8/3 City Pop on Vinyl
Tower Recordsで予約
CDは9/11リリース
監修しました
issei okamoto 2
■ 岡本一生 初CD化■
MOONLIGHT SINGING + MOONLIGHT MYSTERY +1
Tower Records 限定
ご購入はコチラから
Light Mellow Searches
 カナザワ監修シリーズ
 from P-VINE Records


◆リリース一覧はココから◆

state cows - the second one redux cover - no logo
ステイト・カウズ / ザ・セカンド・ワン・リダックス
amazon
Tower Records

david dissg_streetshadowdavid diggs_westcoastaldavid diggs_realworld
デヴィッド・ディッグス
(紙ジャケ仕様)
リアルワールド
amazon / Tower Records
ストリートシャドウズ
amazon / Tower Records
ウエストコースタル
amazon / Tower Records

james sayer
ジェイムズ・セイヤー / クリエイション
amazon
Tower Records

tomi malm live
トミ・マルム / ライヴ
amazon
Tower Records

page 99_3
ペイジ 99 / 99.3 FM
amazon
Tower Records

mike della bella 2
マイク・デラ・ベラ・プロジェクト / ザ・マン・ウィズ・ザ・レッド・シューズ
amazon
Tower Records

maurice white_manifestation
モーリス・ホワイト
/ マニフェステイション
amazon CD
amazon LP
Tower Records / CD
Tower Records / LP

super db_downtown
スーパーDB / ダウンタウン
amazon
Tower Records

tangarine
タンジェリン
/ ブランク・カセット
amazon
Tower Records

Archives
Article Serch
LIVE Light Mellow Vol.7
LIVE Light Mellow Vol.7
We Enjoy 古稀POP

今年も開催決定!
LLM 7
【日時】2024年9月1日(日)
開場15:30/開演16:00
【場所】こくみん共済coopホール/スペース・ゼロ
【出演】杉真理・庄野真代・丸山圭子・叶高(サーカス)
【演奏】白井良明・伊藤広規・坂本洋・岡崎倫典・宮崎まさひろ
詳細はこちらを参照。
ラジオ レギュラー出演中
city pop collection banner
4月からキー局増えました。
岩手IBCラジオ 木曜21:00-
福井FBCラジオ 金曜12:10-
秋田ABSラジオ 土曜16:30~
熊本RKKラジオ 日曜22:30-
radiko Premiumで何処からも
カナザワ奇数月に出演中
レギュラー執筆中
●ギターマガジンWEB にコラム連載中。
『シティ・ポップ・ギター偉人伝』第5回
松下誠の職人ギター・プレイを楽しむ10枚|連載『シティ・ポップ・ギター偉人伝2024-0621-syokunin-guitarist-makoto-matsushita-0001

●ALFA MUSIC公式note、【アルファミュージック考現学】に寄稿しています。
ALFA+アルファ〜リアル・クロスオーヴァー進化論
最新更新はハーヴィー・メイソン『STONE MASON』
harvey mason_alfa
Liner Notes
ann lewis_pink cat
アン・ルイス / ピンク・キャット+5
amazon
Tower Records

aru takamura
高村亜留 / ARU FIRST
amazon
Tower Records

nightshift
NIGHT SHIFT / THE FLYBUSTER
Tower Records(輸入盤国内仕様)
geyster 024
GEYSTER / WHEREVER THE WIND BLOWS
Tower Records(輸入盤国内仕様)
Recent Comments