Light Mellow on the web 〜 turntable diary 〜

音楽ライター:金澤寿和の音盤雑感記
This is Music Journalist : Toshi Kanazawa's Blog. Sorry for Japanese only.

This is Music Journalist : Toshi Kanazawa's Blog.
Sorry for Japanese only.

■ DAVID SANBORN passed away

david sanborn_livedavid sanborn_as we speakdavid sanborn_bob jamesdavid sanborn_another hand
david sanborn_change of heartdavid sanborn_hideawaydavid sanborn_bestdavid sanborn_here gonedavid sanborn 2
david sanborn_voyeurdavid sanborn_back streetdavid sanborn_heartdavid sanborn_timeagain

超衝撃 稀代の名サックス奏者;デヴィッド・サンボーンが、12日午後、急死した。18年頃から前立腺ガンと闘いながら音楽活動を継続していたが、今月に入って歩けないほどの背中の激痛に悩まされ、数本のライヴをキャンセル。頚椎の疲労骨折ということで緊急手術を受けたが、どうやら合併症を併発していたらしい。享年78歳。

続きを読む

■ FLAPPER / 吉田美奈子

minako yoshida_flapper

すっかり書くのを忘れてましたが、岩手IBCラジオ、福井FBCラジオ、秋田ABSラジオ、熊本RKKラジオでオンエア中の『シティポップ・コレクション』、5月は筆者出演月です。 この春からキー・ステーションに加わった3つの局は、カナザワ初登場。…ってか、もう2週間分のオンエアが終わっちゃってますが

続きを読む

■ THE BOY NAMED IF(ALIVE AT MEMPHIS MAGNETIC)/ ELVIS COSTELLO & THE IMPOSTERS

\elvis costello_alive at memphis

執筆関係のタマ以外、あまり積極的に耳を傾けられていない昨今。でも時にはストレス発散や息抜きも必要と。こういう時は、仕事からはなるべく離れた方が良いので、シティポップとかAOR系はナシでコレ。エルヴィス・コステロ最新作『THE BOY NAMED IF』のスピン・オフ盤で、日本だけでCD化された『THE BOY NAMED IF(ALIVE AT MEMPHIS MAGNETIC)』。発売からもう1ヶ月以上が経つが、ゲットしてチョイ聴きしたら、何だかとてもエネルギッシュで、初期のコステロを思い出したりして。だから後でチャンと聴こうと思いつつ、時間ばかりが過ぎてしまっていた。

続きを読む

■ TALES FROM THE MAGIC SUN / LOUIS LAKE

louis lake

行きたいライヴやご招待にもロクに対応できず、絶賛締切消化中。フランスのAORユニット:ナイトシフトの16年ぶりのニュー・アルバムが出るので、そのライナー執筆準備で久々にコレ、ルイス・レイクが16年にリリースしたワン&オンリー作を聴き直している。ルイス・レイクはナイトシフトの片割れ、ジェローム・ブーレの実質的ソロ・プロジェクト。ナイトシフトの相方は、言わずと知れた(?)ガイスターことガエル・ベンヤミン。今回のナイトシフト新作は、23年6月にジェローム・ブーレが逝ってしまったため、ガエルがトリビュートの意を込めて、手元に残っていたデモ音源からジェロームのヴォーカルやギターを抜き出し、それをアルバムに仕上げたモノなのである。

続きを読む

■ 追悼 ダディ竹千代

daddy takechiyo_albumdaddy takechiyo

ダディ竹千代&東京おとぼけCATS、そのダディ竹千代の訃報が届いた。ロック・ミュージシャン/音楽プロデューサーであると同時に、今はなき新橋ZZや二子玉川ジェミニ・シアターのオーナーでも。表舞台にはあまり登場しないものの、途轍もなく広い人脈を持ち、破天荒ながら人望が厚い。東京のアンダーグラウンド・ミュージック・シーンを裏側から支え続けた人だった。

続きを読む

■ 高気圧ガール / ジャンクフジヤマ

junk_高気圧ガール

珠玉のシティポップ・カヴァー・アルバム『憧憬都市』が大好評のジャンク フジヤマ。これまで配信リリースのみだった山下達郎の名曲カヴァーをアナログ・シングル化。2021~2022年のシーンを夏色に染めた山下達郎・リメイク・コレクションから飛び出す、アナログ化第3弾のシャイニーなリメイク・トラック。

続きを読む

■ MOONLIGHT SINGING + MOONLIGHT MYSTERY +1 / 岡本一生

issei okamoto 2issei okamoto

2014年のコンピレーション『Light Mellow MAGIC』に<ムーン・マジック>を収録してから、何と10年。他社企画のアナログ盤復刻に先を越されながらも、ようやくオリジナル・アルバム2枚の初CD化が実現する。しかも後発らしく、フル・アルバム2枚を1枚のCDにパッケージした、2in1スタイル。オマケに、CMにも使用された後続シングル曲<コートにすみれを>をボーナス収録。シティポップ好きは見逃せないデジタル化になる。

続きを読む

■ DREAMBOAT ANNIE / HEART

heart

和モノの書きモノをしていて、何故かココに。ハートも久々にツアーに出ているらしく、最近よくSNSに登場してくるので、何となくタイムリー。一般的には80年代後半、『HEART』 『BAD ANIMALS』『BRIGADE』あたりが一番人気だと思うが、日本デビューとなった<Barracuda>入りの『LITTLE QUEEN』(77年)のファンも多そう。個人的には、そこだったらむしろ最初期のこのアルバム『DREAMBOAT ANNIE』(76年)や、移籍のゴタゴタで3作目として出た『MAGAZINE』(録音時の2作目)の方に愛着がある。

続きを読む

■ STIMULUS / 鳴瀬喜博

yoshihiro naruse 5

ゴールデン・ウィーク最終日。でも自分にとっては、グレイト・ワーキング週間だな。毎年何処に出かけるでもなく、ダラダラ仕事をしてるけど、今年の忙しさはハンパなくて、ここ数年で一番。少し前まで余裕こいてて、AOR本が進められそうだな、なんて思ってらトンでもなくて、月半ばまで締切ラッシュ。いえいえ、とっても有り難いんコトなんですけど。

続きを読む

■ VOICES / DARYL HALL & JOHN OATES

hall oates_voices 1hall oates_voices 2
hall oates_voices 3hall oates_voices 4

ホール&オーツのコンビ解消がネットで話題になっている。最後に揃ってのスタジオ・レコーディングが06年のクリスマス・アルバム、ホール&オーツとして世に出した最後の共作曲が04年のカヴァー・アルバムに新曲として収められた<Let Love Take Control>だったと思うので、もう20年も一緒に捜索してなかったコトになるが、ライヴ・ツアーだけは続けていて、2015年にCD / 映像でリリースされた『LIVE IN DUBLIN』が最後になる。ダリルの発言では「25年間、クリエイティヴな関係ではなかった」としているので、デュオとしてはとうの昔の終わっていたワケだが、自分がロックを聴きだした頃から馴染みのあったコンビだけに、一抹の寂しさは拭い切れない。ジョンには取材やライヴ時のバックステージでも会っているし。

続きを読む

■ THE MAN WITH THE RED SHOES / MIKE DELLA BELLA PROJECT

mike della bella 2

イタリアのAORラヴァーから、プロジェクト2作目となる新作到着。
ビル・チャンプリン、ネイザン・イースト、ウィル・リー、
ピーター・フリーステット、シャロン・フォレストといったレジェンド・
ミュージシャンが協力し、デビュー盤越えの傑作を完成させた。
メロディック・ハード志向ながらAORサイドに踏み止まるバランス感は、
ジョセフ・ウィリアムス期のTOTOファンを直撃。


続きを読む

■ MY TIME - T-Groove Remix / CAMERA SOUL

camera soul_my timecamera soul 023

筆者監修【Light Mellow Searches】からリリースしているイタリアの洒脱系アシッド・ジャズ〜ジャズ・ファンク・グループ、カメラ・ソウルの最新作『SUMMER MEMORIES』からのニュー・シングル<My Time>が、何と T-Groove Remix で本日ドロップ。

続きを読む

■ A TASTE OF PARADAISE / 鳥山雄司

yuji toriyama_paradise

執筆がらみで鳥山雄司ワークス三昧。今月中旬に発売になるレコードコレクターズ誌の特集【フュージョン・ベスト100 邦楽編】にも登場しそうな鳥山さんだけど、今回はそれとは別。イヤまぁ、自分の中では連動している部分もあるんだけど…。もともとソロ・デビュー時から聴いていたフュージョン・ギタリストで、年齢も1歳しか違わない。ラーセン・フェイトン・バンドと共演した2作目『SILVER SHOES』(82年)なんて、当時はかなり聴き倒したなぁ〜。

続きを読む

■ GUITAR MAGAZIN WEB シティ・ポップ・ギター偉人伝 第3回更新 鳴海寛

2024-0410-syokunin-guitarist-hiroshi-narumi-009-1024x512

ギターマガジンWebに連載中のコラムが更新。今まで『職人ギタリストで斬る名盤セレクション』としていましたが、今回から『シティ・ポップ・ギター偉人伝』として装い新たに。第1回の椎名和夫、第2回の村松邦男に続いて登場するのは、故・鳴海寛。

続きを読む

■ OMINIRA / LUCAS ARRUDA

lucas arruda_ominira

エヂ・モッタ系人脈を持つブラジルのメロウ・グルーヴ職人ルーカス・アルーダから、5年ぶりのアルバムが届いている。前作『ONDA NOVA』がメチャ良かった、というより、まぁまぁのデキだった13年のデビュー作『SAMBADI』から、15年2nd『SOLAR』、そして『ONDA NOVA』と三段跳びのような成長ぶりで。インスト中心のデビューからアルバムを追って歌モノ比重が高くなっていったのも、好感要素。合わせて70〜80年代サウンドへのオマージュも巧みになり、ストレートなカヴァーから、スタイルそのものの導入へと進化を遂げた。『ONDA NOVA』では、日本制作のベナード・アイグナー(<Everything Must Change>の作者)>のソロ・アルバムを模したアートワークで、マニア心のくすぐり方も心得ている。

続きを読む
HOME
Light Mellow on the Web
Profile

link_fb
細かいNewsはコチラで発信
x_jpg lightmellow_tk
各種情報・音源リンクなど
TOPICS
Light Mellow SearchesからNew Comerを集めたコンピレーション登場!brand new sprouts
Light Mellow Searches〜Brand New Sprouts
足掛け10年のReleaseから厳選した2枚組34曲を1disc Priceで。冊子プレゼントのキャンペーンも展開中
詳細はこちら
監修しました
issei okamoto 2
■ 岡本一生 初CD化■
MOONLIGHT SINGING + MOONLIGHT MYSTERY +1
Tower Records 限定
ご購入はコチラから
Light Mellow Searches
 カナザワ監修シリーズ
 from P-VINE Records


◆リリース一覧はココから◆

james sayer
ジェイムズ・セイヤー / クリエイション
amazon
Tower Records

tomi malm live
トミ・マルム / ライヴ
amazon
Tower Records

page 99_3
ペイジ 99 / 99.3 FM
amazon
Tower Records

mike della bella 2
マイク・デラ・ベラ・プロジェクト / ザ・マン・ウィズ・ザ・レッド・シューズ
amazon
Tower Records

maurice white_manifestation
モーリス・ホワイト
/ マニフェステイション
amazon CD
amazon LP
Tower Records / CD
Tower Records / LP

super db_downtown
スーパーDB / ダウンタウン
amazon
Tower Records

tangarine
タンジェリン
/ ブランク・カセット
amazon
Tower Records

camera soul 023
カメラ・ソウル
/ サマー・メモリーズ
amazon
Tower Records
Archives
Article Serch
LIVE Light Mellow Vol.7
LIVE Light Mellow Vol.7
We Enjoy 古稀POP

今年も開催決定!
LLM 7
【日時】2024年9月1日(日)
開場15:30/開演16:00
【場所】こくみん共済coopホール/スペース・ゼロ
【出演】杉真理・庄野真代・丸山圭子・叶高(サーカス)
【演奏】白井良明・伊藤広規・坂本洋・岡崎倫典・宮崎まさひろ
詳細はこちらを参照。
ラジオ レギュラー出演中
city pop collection banner
4月からキー局増えました。
岩手IBCラジオ 木曜21:00-
福井FBCラジオ 金曜12:10-
秋田ABSラジオ 土曜16:30~
熊本RKKラジオ 日曜22:30-
radiko Premiumで何処からも
カナザワ奇数月に出演中
レギュラー執筆中
●ギターマガジンWEB にコラム連載中。
『シティ・ポップ・ギター偉人伝』第3回
鳴海寛のギター・プレイを堪能する名盤8選
2024-0410-syokunin-guitarist-hiroshi-narumi-009-1024x512

●ALFA MUSIC公式note、【アルファミュージック考現学】に寄稿しています。
ALFA+アルファ〜リアル・クロスオーヴァー進化論
最新更新はベナード・アイグナー『LITTLE DREAM』
IMG_1809 (1)
Liner Notes
ann lewis_pink cat
アン・ルイス / ピンク・キャット+5
amazon
Tower Records

aru takamura
高村亜留 / ARU FIRST
amazon
Tower Records

nightshift
NIGHT SHIFT / THE FLYBUSTER
Tower Records(輸入盤国内仕様)
geyster 024
GEYSTER / WHEREVER THE WIND BLOWS
Tower Records(輸入盤国内仕様)
Recent Comments