Light Mellow on the web 〜 turntable diary 〜

音楽ライター:金澤寿和の音盤雑感記
This is Music Journalist : Toshi Kanazawa's Blog. Sorry for Japanese only.

This is Music Journalist : Toshi Kanazawa's Blog.
Sorry for Japanese only.

Crossover / Fusion

■ REFLECTIONS ・ MOVING TARGET / GIL SCOTT-HERON

gil scott heron_reflectionsgil scott heron_moving

先月発売になったソニー【We Want Jazz】第3期のフュージョン・クロスオーヴァー名盤シリーズ。自分も2枚、解説担当させていただいた(過去作の再掲載ですが)が、今回のラインアップはいずれも定番モノばかりで、個人的には改めて買い直すべきアイテムはなかった。そんな中、例外的にゲットしたのが、ギル・スコット・ヘロン2作。いずれもアナログ時代に聴いていたアルバムだけど、CDは手元になかった。それに、この看板の下での復刻がチョッと意外にも映るな。

続きを読む

■ THE CLARKE / DUKE PROJECT

clarke duke

「マスタ〜テ〜プに忠実なサウンド」を標榜した極HiFi CDでジャズの不朽の名盤を復刻させている、ソニーの【We Want Jazz】シリーズ。6月26日リリースの第3期は、フュージョン・クロスオーヴァー名盤ということで、自分も2枚、クラーク=デューク・プロジェクトとハービー・ハンコック『LITE ME UP』の解説を担当させていただいた。…といっても新規書き下ろしではなく、2016年に書いたものの再掲載だけど… そこで今回は、クラーク=デューク・プロジェクトを軽くご紹介。ハンコックの方は、ココからその時のポストをご覧ください。

続きを読む

■ STONE MASON / HARVEY MASON

harvey mason_alfa

レギュラーで執筆しているALFA MUSIC公式note【アルファミュージック考現学】に寄稿している『ALFA+アルファ〜リアル・クロスオーヴァー進化論』第11回が更新。先月ネタにしたベナード・アイギナー『LITTLE DREAMER』と共に、日本のアルファ制作による洋楽モノの未CD化として、是非とも復刻をお願いしたいアルバムだ。

続きを読む

■ BRASIL / LEE RITENOUR & DAVE GRUSIN

grusin_ritenour brasil

ハーレクインの浪漫、再び。リー・リトナーとデイヴ・グルーシンによる85年発表の名盤『HARLEQUINN』が、約40年の歳月を経て、舞い戻ってきた。楽曲提供・ヴォーカルで貢献した第3の男イヴァン・リンスも、1曲ながらお付き合い。ブラジリアン・フレイヴァー溢れるエレガントでノーブルなコンテンポラリー・ジャズ・サウンドが、ジックリと堪能できる。

続きを読む

■ LIVE AT MONTREUX 1997 / LEGENDS -Eric Clapton, David Sanborn, Joe Sample, Steve Gadd & Marcus Miller

legends_montereux 97legends_montruex 97 reissue

デヴィッド・サンボーン急逝に関連して レジェンズ。何だか自分的にはスゴくビックリしてしまったんだけど、サンボーン好き、サンボーン追悼、という割には、このプロジェクトのことを今までを知らなかったという方が存外多くて… 噂のあったスタジオ・アルバムは作られなかったが、こうして映像作品が残されている。もっともサンボーン自身はあくまでメンバーの一員、あくまで1/5というポジションだけれど。

続きを読む

■ DAVID SANBORN passed away

david sanborn_livedavid sanborn_as we speakdavid sanborn_bob jamesdavid sanborn_another hand
david sanborn_change of heartdavid sanborn_hideawaydavid sanborn_bestdavid sanborn_here gonedavid sanborn 2
david sanborn_voyeurdavid sanborn_back streetdavid sanborn_heartdavid sanborn_timeagain

超衝撃 稀代の名サックス奏者;デヴィッド・サンボーンが、12日午後、急死した。18年頃から前立腺ガンと闘いながら音楽活動を継続していたが、今月に入って歩けないほどの背中の激痛に悩まされ、数本のライヴをキャンセル。頚椎の疲労骨折ということで緊急手術を受けたが、どうやら合併症を併発していたらしい。享年78歳。

続きを読む

■ 竜王 - DRAGON KING - / 喜多嶋修

osamu kitajimaosamu kitajima_dragon king us

流線形改め RYUSENKEIの新作リリースや、長年お蔵入りしていた幻のリンダ・キャリエールのアルバム・リリース決定と、話題の多い新生アルファ・ミュージック。公式noteに寄稿する形で関わって早2年になるが、こういうふうに盛り上がってくるとは。先週行われたコンベンションも多くの関係者が集まり、大いに盛り上がっておりました。…てなトコロで、『ALFA+アルファ〜リアル・クロスオーヴァー進化論』、更新のお知らせ。第9回目のテーマは、ちょっと渋くて喜多嶋修を。

続きを読む

■ BRASIL / DAVE GRUSIN & LEE RITENOUR

grusin_ritenour brasil

ゴールデン・ウィーク突入前夜。今年はあまり仕事が多くなさそうなので、『AOR Light Mellow Premum 03』の準備が一気に進められるな、と思っていたら、4月に入って執筆依頼が続々と…。結果、ここ数年のゴールデン・ウィーク進行で一番忙しい年になってしまった。もちろんメチャありがたいし、これが途絶えたらオマンマ食い上げになってしまうのだが、だからと言って集中しすぎると長いタームで取り掛かっている書籍の方は進められない。あぁ、何とも悩ましいところよ…。

続きを読む

■ WINELIGHT / GROVER WASHINGTON JR,

grover washington_winelight

午後から都心のド真ん中で、甥っ子の結婚披露宴に出席。挨拶もスピーチもなく、ただ座ってコース料理を食していただけだけど、ああいうフォーマルな宴席は、ただ居るだけで疲れます… 仕事は山積みながら、夜はすっかりメゲてしまったので、気分だけはコレでゆったり。ピアノの生演奏が入っていたけど、今ドキは<Just The Two Of Us>なんて小洒落た曲もレパートリーに入っているのね。

続きを読む

■ レコード・コレクターズ 2024年5月号 特集 『FUSION BEST 100 洋楽編』

レココレ5

レコード・コレクターズ誌最新号、第1特集は『FUSION BEST 100 洋楽編』。選盤とレビューで参加しました。書いたのはジョージ・ベンソン『BREEZIN'』(3位)、ドナルド・バード『BLACK BYRD』(31位)、ボブ・ジェームス『TWO』 (66位)、ガボール・ザボ『HIGH CONTRAST』(92位)、ニュー・トニー・ウィリアムス・ライフタイム『BELIEVE IT』 (97位)。30枚リストアップして、うち25枚がBEST100に入っていたから、セレクトのバランスは。まぁ取れていたのかな? 

続きを読む

■ GROOVE MERCHANT campaign ~ BUDDY RICH ~

buddy rich_74buddy rich live
buddy rich_last bluesbuddy rich_big bandmachine

連続4ポスト目となる Groove Merchant の廉価キャンペーンからのチョイス。まだまだロニー・スミスやリチャード・グルーヴ・ホームス、ジミー・マクグリフ、リューベン・ウィルソンといったオルガン系ほか、いろいろ残ってはいるのだけれど、サスガに全部は紹介しきれないので、これにて打ち止め。最後のピックアップは、モダン・ジャズ界のレジェンド・ドラマー:バディ・リッチが70年代半ばに Groove Merchant に吹き込んだ5作中、ライオネル・ハンプトンとの共演盤を除くレア・グルーヴ寄りの対象4作を。

続きを読む

■ GROOVE MERCHANT campaign ~ JOE THOMAS ~

joe thomas 76joe thomas_masada
joe thomas 78joe thomas 79

引き続き、70年代の漆黒ジャズ・ファンクの宝庫 Groove Merchant の廉価キャンペーンから3日目。ご紹介するのは、“エボニー・ゴッドファーザー” の異名をとったフルート兼サックス奏者、ジョー・トーマス。彼は72年に Groove Merchant入りし、レーベル名が変わったLRC(レスター・レディオ・コーポレーション)までの7年間で、合計6枚のアルバムを出している。そのうち今季のキャンペーン対象は、75年のGroove Merchant第2作『MASADA』、76年の第3作『FEELIN'S FROM WITHIN』、1作飛んでLRCの78年作『GET IN THE WIND』、79年の『MAKE YOUR MOVE』の4枚だ。

続きを読む

■ GROOVE MERCHANT campaign ~ O'DNEL LEVY ~

odonel levy 2odonel levy 5
odonel levy 4odonel levy 1odonel levy 3odonel levy 6odonel levy 7

まずはお知らせ。ギターマガジンWEB の連載、『職人ギタリストで斬る名盤セレクション [邦人編]』第2弾が公開されました。特集は、シュガー・ベイブのギタリスト、村松邦男。シティポップ系ワークスに限ったチョイスですが、よろしければリンクを辿ってご覧くださると、カナザワとっても喜びます

続きを読む

■ GROOVE MERCHANT campaign

GFs0WvDbsAAdkF8
larry willismichael longo_fankiamichael longo_900 shares

ようやく確定申告提出。エッ、もうとっくに締切過ぎてるだろッ〜って イエイエ、僕ら物書きのギャラというのは、源泉徴収されて支払われるものなので、通常は確定申告=還付請求。だから3月15日の期限は関係なくて、5年間は有効。それでもこの時期に申告するのは、還付が早く、5〜6月の各種納税や国保の一括支払い時期に間に合うから。それで毎年、何とか回しているのです。だからこの時期、裏金問題で政治が揺れてるのはホントに腹立たしい この際、何にもできない岸田総理にはサッサと辞めてもらって石破にでも替えた方が、まだ多少は国民の方を見てくれる気がするなぁ…。

続きを読む

■ Guitar player DEAN BROWN passed away

dean brown_unfinisheddean brown_groove warrior
billy cobham glass menageriebrecker brothers_loop

訃報。ニューヨークで活躍していたジャズ・フュージョン系のギタリスト:ディーン・ブラウンが、進行性のガンのため、26日(金)に亡くなった。享年68歳。最近はL.A.に移り、ハリウッドにあるミュージシャンズ・インスティチュート教授として、後進の指導にも当たっており、闘病中の治療費をクラウドファンディングで集めていたという。

続きを読む

■ LEE RITENOUR IN RIO / LEE RITENOUR

lee ritenour in rio

昨日に引き続き、『アドリブ・ベスト・レコード』選定のビクター・ジャズ名盤を初SA-CDハイブリッド化するシリーズ第2弾から、リー・リトナーの『IN RIO』(タワーレコード限定リイシュー)。これが出た79年と言うと、クロスオーヴァー/フュージョンの人気真っ盛りで、ジェントル・ソウツのダイレクト・ディスク盤で脚光を浴びたリトナーは、ラリー・カールトンと並んで、まさにその先導役を担っていた。USではエレクトラと契約して『THE CAPTAIN'S JOURNEY』『FEEL THE NIGHT』と好作を連発し、渡辺香津美や大村憲司との連名作『CONCIERTO DE ARANJUEZ(アランフェス協奏曲)』はアルファからと、各方面で引っ張りだこ。そしてジェントル・ソウツで人気に火を点けたJVCビクターでは、またまたこの好企画を立ち上げたのである。

続きを読む

■ OUT OF THE SHADOWS / DAVE GRUSIN

dave grusin_out shadows

今はなき音専誌アドリブの50周年記念で、誌上の恒例企画だった『アドリブ・ベスト・レコード』に選定されたビクターのジャズ名盤を初SA-CDハイブリッド化するシリーズ第2弾から、デイヴ・グルーシンのJVC2作目『OUT OF THE SHADOWS』(82年)を。デイヴ・グルーシンは60年代初めからサントラやTVドラマ絡みのアルバムを多く出しているヒトなので、ピュアなソロ・アルバムとの区別が曖昧なんだけれど、クロスオーヴァー/フュージョン・テイストの作品というと、76年作『DISCOVERED AGAIN!』が最初なのかな? そこから数えると、これは名盤『MOUNTAIN DANCE』(80年) に次ぐ4作目に当たる。

続きを読む

■ STILL LIFE (TALKING) / PAT METHENY GROUP

pat metheny_still life

パット・メセニーの『DREAM BOX SOLO TOUR』が今週からスタート。札幌からスタートし、現時点で新潟、高崎、東海での公演が終了し、SNSでは出掛けた方々からの反応がポツポツ上がってきている。この後は大阪、岩手を周り、Blue Note Tokyoでのロン・カーターとの共演6days、同じくソロ6daysと続く。1ヶ月弱の長いジャパン・ツアーだ。基本ワンマンで身軽なはずなのに、大阪以西のコンサートが入っていないのは不思議だけれど。でもパットは昔から、結構こまめに小さなライヴハウスを回っていた。前にもちょっと書いたコトがあるけれど、スタンディングで100人も入れば一杯になってしまうような地元の小屋で、80年代の全盛期パット・メセニー・グループ(以下PMG)を目の当たりにしてしまったため、それ以降、自分はメセニーのライヴを封印してしまっている。アレを超えるメセニーには出会えないという確信、最上級のパフォーマンスを観た時の衝撃、それが自分の中に渦巻いているからだ。

続きを読む

■ LES McCANN passed away

les mccann_commentles mccann_layers
les mccann_79les mccan_butterfly

お屠蘇気分をブチ破った元旦早々の大地震。能登・北陸地方で被災なさった方、心よりお見舞い申しげます。これはもう “一年の計は元旦にあり” の、悪いシンボルにならないことを祈るばかり。そんなところに、海外からは早速の訃報が入ってしまいました。

続きを読む

■ BETTER DAYS / JOE PASS

joe pass_better  days

コレは割と最近まで知らなかったネタ。ジャズ・ギターの巨匠で、その名もズバリのソロ・ギター名盤『VIRTUOSO』(73年)で知られるジョー・パスによる、ジャズ・ファンク異種格闘技盤。先週、初CD化されたジャック・マクダフの再発盤『KISSES』をポストした時に、ふとこのアルバムを思い出し…。存在を知ってすぐにCDを入手したので、その時に紹介記事を書きゃあ良かったんだけど、いつしか忘れて放置プレイになってしまい… でもコレ、本来はストレートなジャズ・ギタリストであるジョーが、実はこんなヤワラカ頭の持ち主だったと知って、メチャ面白く感じたアルバムなのだ。

続きを読む
HOME
Light Mellow on the Web
Profile

link_fb
細かいNewsはコチラで発信
x_jpg lightmellow_tk
各種情報・音源リンクなど
TOPICS
Light Mellow SearchesからNew Comerを集めたコンピレーション登場!brand new sprouts
Light Mellow Searches〜Brand New Sprouts
足掛け10年のReleaseから厳選した2枚組34曲を1disc Priceで。冊子プレゼントのキャンペーンも展開中
詳細はこちら
Light Mellow 和モノ アーティスト・シリーズ
Light Mellow 森園勝敏LM 森園勝敏
四人囃子、プリズム、ソロ・アルバムから15曲をセレクト
詳細はコチラから
選曲しました
neighbors_made in street 3
■Neighbors Complain■
Made in Street 3 (Live Covers)
スタジオ・ライヴのカヴァー・シリーズ3作目はシティポップ。まずは配信リリース開始
https://linkco.re/UxfEaz6E
LPは8/3 City Pop on Vinyl
Tower Recordsで予約
CDは9/11リリース
監修しました
issei okamoto 2
■ 岡本一生 初CD化■
MOONLIGHT SINGING + MOONLIGHT MYSTERY +1
Tower Records 限定
ご購入はコチラから
Light Mellow Searches
 カナザワ監修シリーズ
 from P-VINE Records


◆リリース一覧はココから◆

state cows - the second one redux cover - no logo
ステイト・カウズ / ザ・セカンド・ワン・リダックス
amazon
Tower Records

david dissg_streetshadowdavid diggs_westcoastaldavid diggs_realworld
デヴィッド・ディッグス
(紙ジャケ仕様)
リアルワールド
amazon / Tower Records
ストリートシャドウズ
amazon / Tower Records
ウエストコースタル
amazon / Tower Records

james sayer
ジェイムズ・セイヤー / クリエイション
amazon
Tower Records

tomi malm live
トミ・マルム / ライヴ
amazon
Tower Records

page 99_3
ペイジ 99 / 99.3 FM
amazon
Tower Records

mike della bella 2
マイク・デラ・ベラ・プロジェクト / ザ・マン・ウィズ・ザ・レッド・シューズ
amazon
Tower Records

maurice white_manifestation
モーリス・ホワイト
/ マニフェステイション
amazon CD
amazon LP
Tower Records / CD
Tower Records / LP

super db_downtown
スーパーDB / ダウンタウン
amazon
Tower Records

tangarine
タンジェリン
/ ブランク・カセット
amazon
Tower Records

Archives
Article Serch
LIVE Light Mellow Vol.7
LIVE Light Mellow Vol.7
We Enjoy 古稀POP

今年も開催決定!
LLM 7
【日時】2024年9月1日(日)
開場15:30/開演16:00
【場所】こくみん共済coopホール/スペース・ゼロ
【出演】杉真理・庄野真代・丸山圭子・叶高(サーカス)
【演奏】白井良明・伊藤広規・坂本洋・岡崎倫典・宮崎まさひろ
詳細はこちらを参照。
ラジオ レギュラー出演中
city pop collection banner
4月からキー局増えました。
岩手IBCラジオ 木曜21:00-
福井FBCラジオ 金曜12:10-
秋田ABSラジオ 土曜16:30~
熊本RKKラジオ 日曜22:30-
radiko Premiumで何処からも
カナザワ奇数月に出演中
レギュラー執筆中
●ギターマガジンWEB にコラム連載中。
『シティ・ポップ・ギター偉人伝』第5回
松下誠の職人ギター・プレイを楽しむ10枚|連載『シティ・ポップ・ギター偉人伝2024-0621-syokunin-guitarist-makoto-matsushita-0001

●ALFA MUSIC公式note、【アルファミュージック考現学】に寄稿しています。
ALFA+アルファ〜リアル・クロスオーヴァー進化論
最新更新はハーヴィー・メイソン『STONE MASON』
harvey mason_alfa
Liner Notes
ann lewis_pink cat
アン・ルイス / ピンク・キャット+5
amazon
Tower Records

aru takamura
高村亜留 / ARU FIRST
amazon
Tower Records

nightshift
NIGHT SHIFT / THE FLYBUSTER
Tower Records(輸入盤国内仕様)
geyster 024
GEYSTER / WHEREVER THE WIND BLOWS
Tower Records(輸入盤国内仕様)
Recent Comments