Light Mellow on the web 〜 turntable diary 〜

音楽ライター:金澤寿和の音盤雑感記
This is Music Journalist : Toshi Kanazawa's Blog. Sorry for Japanese only.

This is Music Journalist : Toshi Kanazawa's Blog.
Sorry for Japanese only.

AOR Light Mellow

■ CWF 3 / CHAMPLIN WILLIAMS FRIESTEDT

cwf 3

CWFことチャンプリン・ウィリアムス・フリーステットの3作目、いよいよ情報解禁になりました。『CWF3』8/21発売決定! 9月には8年ぶりの来日公演も東京・大阪で! 自分も既に解説を入稿済みです。収録されたのは、先行リリース済みの6曲入りEP『CARRIE』に入っていた新曲3曲に、その後のニュー・レコーディング7曲+過去のリテイク物が1曲。更に日本盤オンリーでボーナス・トラックも4曲追加されている。

続きを読む

■ L.A. RAINBOW / DANE DONOHUE

dane donohue_new

都会の裏通り、光と影。
時はめぐり、孤独と哀愁が重なり合う瞬間、今ふたたび感動が蘇る。
幻のAORシンガー・ソングライター、デイン・ドナヒュー、
45年ぶりの奇跡的復活。仕掛け人はペイジ99のジョン・ニクソン。
そして北欧AORの旗手オーレ・ブールドが2曲参加。
新世代が牽引する現行AOR / ヨット・ロックが、
遂にここまで辿り着いた。


続きを読む

■ THE SECOND ONE REDUX / STATE COWS

state cows_2nd one redux

ステイト・カウズが2013年にリリースしたセカンド・アルバムで、
彼らの代表作ともなった『THE SECONDONE』再訪盤。
北欧AORシーンの牽引役となっただけでなく、
休眠していたUSシーンのAOR好きを目覚めさせる契機にもなった彼ら。
その熱きスピリットが、この一枚に詰まっている。


続きを読む

■ JOE EGAN passed away

stealers wheel 3joe egan_1st
joe egan_mapjoe egan_stay as

英国版クロスビー・スティルス&ナッシュ、なんて言われた元スティーラーズ・ホイールのジョー・イーガンが、英国時間6日午後、家族や近しい人たち見守られて息を引き取ったそうだ。元相方ジェリー・ラファティ(2011年没)の公式Facebookページを通じて、イーガンの家族がメッセージを寄せた。現時点では死因は不明。享年77。

続きを読む

■ DAVID DIGGS 3 reissues

david dissg_streetshadowdavid diggs_realworlddavid diggs_westcoastal

筆者監修【Light Mellow Searches】シリーズの次回発売は、久々のリイシュー物でデヴィッド・ディッグスの代表作3枚。かつてはクインシー・ジョーンズにバンド・アレンジを任され、ブラザーズ・ジョンソンやヒート、リッチー・フューレイ、和モノでは大村憲司『KENJI SHCOK』に参加したこともあった。でも実際はキーボードだけでなく、ギターもドラムもプレイできるマルチ・プレイヤー。 CCM (Contemporary Christia Music) 系のプロデュース及びアレンジでの活躍が多く、ブライアン・ダンカンが在籍したスウィート・コンフォート・バンド、ヴォーカル・グループのウイングス・オブ・ライト、それにボブ・ベイリー、ドン・トーマスといった都会派ゴスペル・シンガーなをど手掛けている。

続きを読む

■ D / DARYL HALL

daryl hall

トッド・ラングレンとのダブル・ビルでやって来た昨年11月の来日公演の記憶も新しいダリル・ホールのニュー・アルバムが到着。一昨年に『BEFORE AFTER』というデキの良い編集盤があったが、純粋な新録作としては、『LAUGHING DOWN CRYING』以来13年ぶり。唐突にリリースされたと思ったら、アートワークもタイトルも まったくもって愛想ナシ。それでも今のUSの音楽市場を考えたら、CDを出してくれるだけイイのか…と。

続きを読む

■ CREATION / JAMES SAYER

james sayer

マイケル・マクドナルドがデビューに向けてサポートを惜しまなかった
という英国人シンガー・ソングライターの逸材デビュー。
ヤング・ガン・シルヴァー・フォックスの英欧ツアーでは
オープニング・アクトを務め、早くも人気爆発の兆しあり。
ヤバイくらいに研ぎ澄まされたAORフィーリング、
ほのかに漂うソウル・フレイヴァー、
そして大らかな80’s風のポップ・エッセンス…。
もう心の高鳴りが止みません。


続きを読む

■ KALEIDOSCOPE / RYDHOLM // SAFSUND

rydholm safsund
メロディック・ハード系のマニアには相当に人気が高いグランド・イリュージョンのアンダース・リドホルム (b,g,kyd) と、ワーク・オブ・アートやライオンヴィルで歌っていたラーズ・サフサンド (vo) のニュー・プロジェクト、そのデビュー・アルバム『KALEIDOSCOPE』 がかなりイイ出来だ。実は彼ら、既にアート・オヴ・イリュージョン名義によるアルバムを21年にリリースしているが、そちらは王道のメロディック・ハード路線とか(聴いてない…)。でも敢えて名義を変えたのは、それなりの理由がある。早い話がこのプロジェクトはメロハー路線ではなく、ちょっとハードなAOR / ウエストコースト・サウンドを標榜。ジョセフ・ウィリアムスや故ファーギー・フレデリクセン期のTOTOとか、ジェイソン・シェフ期のシカゴとかのファンなら、絶対聴くべし、な音なのだ。

続きを読む

■ WHEREVER THE WIND BLOWS / GEYSTER

geyster 024

昨日のご紹介、再始動したナイトシフトの首謀者であるガエル・ベンヤミンのソロ・プロジェクト:ガイスターも、今年初めにCDリリースされた『WHEREVER THE WIND BLOWS』が6/5に発売。コチラも国内仕様盤には筆者ライナーが付いてます。…もっとも配信リリースは、1年以上も前の2023年5月。ワーカホリックでやたらと仕事が早いガエルは、既にカヴァー中心の次作『PAST WINTER』を完成され、早速サブスクにアップしちゃってますが…

続きを読む

■ THE FLYBUSTER / NIGHTSHIFT

nightshift

ご存知フランスのマルチ・クリエイター:ガエル・ベンヤミンが、ガイスターとは別に組んでいたAOR系ユニットのナイトシフト。彼らが約17年ぶりの第2作『THE FLYBUSTER』をリリースした。ただし復活のキッカケは、悲しいことに、ガエルの相方だったジェローム・ブーレの逝去。ジェロームの個人プロジェクト:ルイズ・レイクに関しては、先月もコチラで紹介している。

続きを読む

■ LIVE / TOMI MALM

tomi malm live

ハイ・クオリティなAORサウンドで
その手のファンを釘付けにして離さないトミ・マルムが、
とても貴重なライヴ・パフォーマンスをアルバム化。
ホーン・セクションやコーラス・チームを
従えたゴージャスなライヴ・サウンドを、是非とも体験して。
日本独自のCD化です!


続きを読む

■ 99.3 FM / PAGE 99

page 99_3

AORクラシックのカヴァーを武器に注目を集めてきたペイジ99が、
満を持してカヴァー・アルバムにトライ。
ネッド・ドヒニー、ジャック・ワグナー、
スターシップらのカヴァーを筆頭に、
エリック・タッグが書いたリー・リトナー楽曲、
ピーター・ベケット在籍時のリトル・リヴァー・バンド、
そしてテン年代のチャイナ・クライシスのリメイクなど、
マニア垂涎のトラックが多数。
トリオになった彼らの現在進行形AORスタイルをご堪能あれ。


続きを読む

■ WILLOW CREEK / DR ROCK & THE FAMOUS MERENGO

dr.rock

いまロック寄りAORファンの間で熱い注目を集めるイタリアのマイク・デラ・ベラ。そのマイクさんの本業は法律事務所の経営で、こういう人がデビューできるところがネット時代の大きなメリットといえる。そして今度は、フランスの救急医率いる趣味のバンドが登場した。Dr.Rock こと Nicolas Gorodetzky は、かつて “フランス屈指のAORバンド” と言われたWEEK END MILLIONNAIRE の中心メンバーとして、70年代終盤から活動していたらしい。

続きを読む

■ Mikiki Interview 『Light Mellow 金澤寿和に聞くAOR新潮流』

img_57bedcd02dc64f8a7f040a31622c6bc11385686

コンピレーション『Light Mellow Searches -Brand New Sprout』のリリースとカタログ・キャンペーンにちなんで、タワーレコードが発行している Mikiki でインタビューを受けました。インタビューアーは柴崎祐二氏。奇しくも、レコードコレクターズ誌6月号特集【FUSION BEST 100 邦楽編】で総論的解説を書いた2人が顔を合わせています。是非ぜひご覧下さいませ〜。
https://mikiki.tokyo.jp/articles/-/37709

■ TALES FROM THE MAGIC SUN / LOUIS LAKE

louis lake

行きたいライヴやご招待にもロクに対応できず、絶賛締切消化中。フランスのAORユニット:ナイトシフトの16年ぶりのニュー・アルバムが出るので、そのライナー執筆準備で久々にコレ、ルイス・レイクが16年にリリースしたワン&オンリー作を聴き直している。ルイス・レイクはナイトシフトの片割れ、ジェローム・ブーレの実質的ソロ・プロジェクト。ナイトシフトの相方は、言わずと知れた(?)ガイスターことガエル・ベンヤミン。今回のナイトシフト新作は、23年6月にジェローム・ブーレが逝ってしまったため、ガエルがトリビュートの意を込めて、手元に残っていたデモ音源からジェロームのヴォーカルやギターを抜き出し、それをアルバムに仕上げたモノなのである。

続きを読む

■ VOICES / DARYL HALL & JOHN OATES

hall oates_voices 1hall oates_voices 2
hall oates_voices 3hall oates_voices 4

ホール&オーツのコンビ解消がネットで話題になっている。最後に揃ってのスタジオ・レコーディングが06年のクリスマス・アルバム、ホール&オーツとして世に出した最後の共作曲が04年のカヴァー・アルバムに新曲として収められた<Let Love Take Control>だったと思うので、もう20年も一緒に捜索してなかったコトになるが、ライヴ・ツアーだけは続けていて、2015年にCD / 映像でリリースされた『LIVE IN DUBLIN』が最後になる。ダリルの発言では「25年間、クリエイティヴな関係ではなかった」としているので、デュオとしてはとうの昔の終わっていたワケだが、自分がロックを聴きだした頃から馴染みのあったコンビだけに、一抹の寂しさは拭い切れない。ジョンには取材やライヴ時のバックステージでも会っているし。

続きを読む

■ THE MAN WITH THE RED SHOES / MIKE DELLA BELLA PROJECT

mike della bella 2

イタリアのAORラヴァーから、プロジェクト2作目となる新作到着。
ビル・チャンプリン、ネイザン・イースト、ウィル・リー、
ピーター・フリーステット、シャロン・フォレストといったレジェンド・
ミュージシャンが協力し、デビュー盤越えの傑作を完成させた。
メロディック・ハード志向ながらAORサイドに踏み止まるバランス感は、
ジョセフ・ウィリアムス期のTOTOファンを直撃。


続きを読む

■ Light Mellow Searches ALL CATALOG CAMPAIGN

brand new sproutslight mellow searches catalog

筆者監修のコンピレーション『Light Mellow Searches ~ Brand New Sprouts』発売日。タワー・レコード全店とディスクユニオン(共に通販含む)での『Light Mellow Searches ALL CATALOG CAMPAIGN』もスタートし、全作掲載の小冊子配布も始まりました。キャンペーンは期限を設けず、冊子の在庫があるうちは継続するそう。逆にショップによっては足の速いトコロもあると思われるので、まずはお早めに。対象店でシリーズから何か1枚お求めいただければ、洩れなく冊子がもらえます。これまでのリリースでお買い逃しがあれば、是非この機会に。

続きを読む

■ LIFE AFTER ROMANCE / NED DOHENY (Color Vinyl)

ned doheny_vinyl

AORファンに大事件なニュース。まだ詳細は明かせないが、78年にワン&オンリーの名盤を出したシンガー・ソングライターが、約45年ぶりのソロ・アルバムを制作中。実はもう2曲ほど、デモが送られてきている。どうやら国も世代も超越したコラボレーションが進んでいるらしく、コイツは楽しみ。過去、中身の薄いカタチばかりのAOR作で歌って、孤高のキャリアを汚した印象があったけれど、今度は期待できそう。無事にアルバム完成〜リリースにまで漕ぎ着けてほしいものだ。待て、続報

続きを読む

■ LIGHT MELLOW SEARCHES ~ Brand New Sprouts / Various Artists

brand new sprouts

1stリリースから数えて足掛け10年目に突入するLight Mellow Searchesから、その名にふさわしいNew Searchを中心にコンパイルしたフレッシュな2枚組。AOR、アーバン・コンテンポラリー、ジャズ・ファンク、アシッド・ジャズのニュー・カマーたちを再チェック。

続きを読む
HOME
Light Mellow on the Web
Profile

link_fb
細かいNewsはコチラで発信
x_jpg lightmellow_tk
各種情報・音源リンクなど
TOPICS
Light Mellow SearchesからNew Comerを集めたコンピレーション登場!brand new sprouts
Light Mellow Searches〜Brand New Sprouts
足掛け10年のReleaseから厳選した2枚組34曲を1disc Priceで。冊子プレゼントのキャンペーンも展開中
詳細はこちら
Light Mellow 和モノ アーティスト・シリーズ
Light Mellow 森園勝敏LM 森園勝敏
四人囃子、プリズム、ソロ・アルバムから15曲をセレクト
詳細はコチラから
選曲しました
neighbors_made in street 3
■Neighbors Complain■
Made in Street 3 (Live Covers)
スタジオ・ライヴのカヴァー・シリーズ3作目はシティポップ。まずは配信リリース開始
https://linkco.re/UxfEaz6E
LPは8/3 City Pop on Vinyl
Tower Recordsで予約
CDは9/11リリース
監修しました
issei okamoto 2
■ 岡本一生 初CD化■
MOONLIGHT SINGING + MOONLIGHT MYSTERY +1
Tower Records 限定
ご購入はコチラから
Light Mellow Searches
 カナザワ監修シリーズ
 from P-VINE Records


◆リリース一覧はココから◆

state cows - the second one redux cover - no logo
ステイト・カウズ / ザ・セカンド・ワン・リダックス
amazon
Tower Records

david dissg_streetshadowdavid diggs_westcoastaldavid diggs_realworld
デヴィッド・ディッグス
(紙ジャケ仕様)
リアルワールド
amazon / Tower Records
ストリートシャドウズ
amazon / Tower Records
ウエストコースタル
amazon / Tower Records

james sayer
ジェイムズ・セイヤー / クリエイション
amazon
Tower Records

tomi malm live
トミ・マルム / ライヴ
amazon
Tower Records

page 99_3
ペイジ 99 / 99.3 FM
amazon
Tower Records

mike della bella 2
マイク・デラ・ベラ・プロジェクト / ザ・マン・ウィズ・ザ・レッド・シューズ
amazon
Tower Records

maurice white_manifestation
モーリス・ホワイト
/ マニフェステイション
amazon CD
amazon LP
Tower Records / CD
Tower Records / LP

super db_downtown
スーパーDB / ダウンタウン
amazon
Tower Records

tangarine
タンジェリン
/ ブランク・カセット
amazon
Tower Records

Archives
Article Serch
LIVE Light Mellow Vol.7
LIVE Light Mellow Vol.7
We Enjoy 古稀POP

今年も開催決定!
LLM 7
【日時】2024年9月1日(日)
開場15:30/開演16:00
【場所】こくみん共済coopホール/スペース・ゼロ
【出演】杉真理・庄野真代・丸山圭子・叶高(サーカス)
【演奏】白井良明・伊藤広規・坂本洋・岡崎倫典・宮崎まさひろ
詳細はこちらを参照。
ラジオ レギュラー出演中
city pop collection banner
4月からキー局増えました。
岩手IBCラジオ 木曜21:00-
福井FBCラジオ 金曜12:10-
秋田ABSラジオ 土曜16:30~
熊本RKKラジオ 日曜22:30-
radiko Premiumで何処からも
カナザワ奇数月に出演中
レギュラー執筆中
●ギターマガジンWEB にコラム連載中。
『シティ・ポップ・ギター偉人伝』第5回
松下誠の職人ギター・プレイを楽しむ10枚|連載『シティ・ポップ・ギター偉人伝2024-0621-syokunin-guitarist-makoto-matsushita-0001

●ALFA MUSIC公式note、【アルファミュージック考現学】に寄稿しています。
ALFA+アルファ〜リアル・クロスオーヴァー進化論
最新更新はハーヴィー・メイソン『STONE MASON』
harvey mason_alfa
Liner Notes
ann lewis_pink cat
アン・ルイス / ピンク・キャット+5
amazon
Tower Records

aru takamura
高村亜留 / ARU FIRST
amazon
Tower Records

nightshift
NIGHT SHIFT / THE FLYBUSTER
Tower Records(輸入盤国内仕様)
geyster 024
GEYSTER / WHEREVER THE WIND BLOWS
Tower Records(輸入盤国内仕様)
Recent Comments