Light Mellow on the web 〜 turntable diary 〜

音楽ライター:金澤寿和の音盤雑感記
This is Music Journalist : Toshi Kanazawa's Blog. Sorry for Japanese only.

This is Music Journalist : Toshi Kanazawa's Blog.
Sorry for Japanese only.

Reisssue

■ LINDA CARRIERE

linda carriere

いま話題の幻のアルバム、77年に細野晴臣プロデュースでレコーディングされたものの、そのままお蔵入りしていたリンダ・キャリエールの作品が、いよいよ日の目を見る。当時 関係者のみに配布された仮ミックスのテスト盤が、時々廃盤市場やオークションに流れ出て、10万円20万円の値が付いたとも言わてる。もし今回の正規盤が出なかったら、半ば投機対象化している現行アナログ市場では、50万とか100万とか付いちゃうのかね? 

続きを読む

■ 3 CLASSIS ALBUMS / JESSE JOHNSON

jesse johnson

没後、レコーディングされたまま発表されなかった音源が続々登場しているプリンス。もちろんコアなファンには嬉しいコトだろうけど、そこまで熱心に追いかけていない者としては、ならばペイズリー・パーク・レーベル物とかプロデュース関連作とか、未CD化作やレア物の復刻を先にやってよ、などと思う。例えばマッドハウスとかザ・ファミリー、ヴァニティ6とかジル・ジョーンズ等など。そんな中、初リイシューを含むジェシー・ジョンソンの黄金期3枚をまとめた3in2がドロップされている。

続きを読む

■ REFLECTIONS ・ MOVING TARGET / GIL SCOTT-HERON

gil scott heron_reflectionsgil scott heron_moving

先月発売になったソニー【We Want Jazz】第3期のフュージョン・クロスオーヴァー名盤シリーズ。自分も2枚、解説担当させていただいた(過去作の再掲載ですが)が、今回のラインアップはいずれも定番モノばかりで、個人的には改めて買い直すべきアイテムはなかった。そんな中、例外的にゲットしたのが、ギル・スコット・ヘロン2作。いずれもアナログ時代に聴いていたアルバムだけど、CDは手元になかった。それに、この看板の下での復刻がチョッと意外にも映るな。

続きを読む

■ DAVID DIGGS 3 reissues

david dissg_streetshadowdavid diggs_realworlddavid diggs_westcoastal

筆者監修【Light Mellow Searches】シリーズの次回発売は、久々のリイシュー物でデヴィッド・ディッグスの代表作3枚。かつてはクインシー・ジョーンズにバンド・アレンジを任され、ブラザーズ・ジョンソンやヒート、リッチー・フューレイ、和モノでは大村憲司『KENJI SHCOK』に参加したこともあった。でも実際はキーボードだけでなく、ギターもドラムもプレイできるマルチ・プレイヤー。 CCM (Contemporary Christia Music) 系のプロデュース及びアレンジでの活躍が多く、ブライアン・ダンカンが在籍したスウィート・コンフォート・バンド、ヴォーカル・グループのウイングス・オブ・ライト、それにボブ・ベイリー、ドン・トーマスといった都会派ゴスペル・シンガーなをど手掛けている。

続きを読む

■ FEATS DON'T FAIL ME NOW - Deluxe Edition / LITTLE FEAT

little feat_amazing

少し前に「届かない〜」とブー垂れたリトル・フィート『FEATS DON'T FAIL ME NOW(アメイジング!)』(74年)のデラックス・エディション、ようやく入手。74年リリースの4作目ということで、50周年記念のCD3枚組デラックス版なのだけれど、昨年出た『SAILIN' SHOES』『DIXIE CHICKEN』それぞれのデラックス・エディションのような国内盤は出ないみたい。何だかなぁ…。

続きを読む

■ THE CLARKE / DUKE PROJECT

clarke duke

「マスタ〜テ〜プに忠実なサウンド」を標榜した極HiFi CDでジャズの不朽の名盤を復刻させている、ソニーの【We Want Jazz】シリーズ。6月26日リリースの第3期は、フュージョン・クロスオーヴァー名盤ということで、自分も2枚、クラーク=デューク・プロジェクトとハービー・ハンコック『LITE ME UP』の解説を担当させていただいた。…といっても新規書き下ろしではなく、2016年に書いたものの再掲載だけど… そこで今回は、クラーク=デューク・プロジェクトを軽くご紹介。ハンコックの方は、ココからその時のポストをご覧ください。

続きを読む

■ ARU FIRST / 高村亜留

aru takamura (1)

昨日に続き、7/3発売のビクター《マスターピース・コレクション》フィーメル・シティポップ名作選5作品から、筆者解説の作品をご紹介。今回は知る人ぞ知る、そして最近のブームで再評価が進行している80'sシンガー、高村亜留の『ARU FIRST』をピックアップ。当時は大して売れなくて、アルバム2枚でシーンから消えてしまったものの、中身はシッカリ充実していて。今だからこそ再評価したい、実力派シンガーだったのだ。

続きを読む

■ ピンク・キャット +5 / アン・ルイス

ann lewis_pink cat (1)ann lewis_boogie woogie jpann lewis_boogie woogie eng

ビクター《マスターピース・コレクション》フィーメル・シティポップ名作選5作品が、7/3に発売。この《マスターピース・コレクション》シリーズでは、いつも解説だったり、監修だったりで参加させて戴いているが、今回は2作にライナーを寄稿。まずは5作の目玉的存在であるアン・ルイスの79年作『ピンク・キャット (英題 PINK PUSSY CAT) +5』を紹介したい。

続きを読む

■ LUTHER・THIS CLOSE TO YOU / LUTHER

lutherluther 2

超待望。久々の大ダマ再発となるルーサー2作の紙ジャケット盤が、ひと足お先に到着。ひとまず仕事をうっちゃって、聴いている。発売直後にゲットしたルーサー・ヴァンドロスのソロ1st『NEVER TOO MUCH』(81年)は、自分にとってソウル〜R&B系で生涯No.1といっても良いぐらい聴き倒したアルバム。それから間もなくソロ・デビュー前にグループ:ルーサーとしてリリースしたアルバムが2枚あると知り、早速探しまくったのを覚えている。すると1stは、割と簡単に未開封カット盤で発見。2ndは多少苦労したものの、確か2枚目か3枚目が出る頃には中古美品を手に入れていた記憶が。自分にとってのルーサー・ヴァンドロスは、圧倒的に初期5作までなのだな。

続きを読む

■ HANG RAIJI +5

hang raiji

週明けで、久々にNHKへ。…といっても昨日のような生出演とか収録ではなく、とあるFM番組のための制作協力/ミーティング。某・洋楽AORアーティストについて、いろいろレクチャーしてきた。オンエアが近くなったら、ココでお知らせできるかな?

続きを読む

■ MOONLIGHT SINGING + MOONLIGHT MYSTERY +1 / 岡本一生

issei okamoto 2issei okamoto

2014年のコンピレーション『Light Mellow MAGIC』に<ムーン・マジック>を収録してから、何と10年。他社企画のアナログ盤復刻に先を越されながらも、ようやくオリジナル・アルバム2枚の初CD化が実現する。しかも後発らしく、フル・アルバム2枚を1枚のCDにパッケージした、2in1スタイル。オマケに、CMにも使用された後続シングル曲<コートにすみれを>をボーナス収録。シティポップ好きは見逃せないデジタル化になる。

続きを読む

■ LUTHER・THIS CLOSE TO YOU / LUTHER

lutherluther 2

数あるソウル・アルバム名盤の中で、自分が最も深く聴き込んだアルバムが、ルーサー・ヴァンドロスのソロ・デビュー作『 NEVER TOO MUCH』(81年)。そのルーサー・ヴァンドロスがソロ・シンガーになる前、セッション・シンガーとして活動しながら率いていたのが、“ルーサー”というヴォーカル・グループだ。そのルーサーが残した2枚のアルバム『LUTHER』(76年)と『THIS CLOSE TO YOU』(77年)が、ようやっと世界初CD化される。

続きを読む

■ PIANO MAN -50th Anniversary Deluxe Edition- / BILLY JOEL

billy joel pianoman50th 2billy joel_024billy joel_live 75

ビリー・ジョエルの出世作『PIANO MAN』の50周年記念デラックス・エディション3枚組(SA-CDマルチ4ch+CD+DVD)を遅ればせながら、17年ぶりの新曲<Turn The Lights Back On>の世界初CDリリースのタイミングで。『PIANO MAN』50周年盤は、発売から1ヶ月半が過ぎちゃっているけれど、まだ在庫があるところもあるようなので…。

続きを読む

■ MACHINE HEAD ~Super Deluxe Edition / DEEP PURPLE

deep puple_machine head box

ディープ・パープルの代表作『MACHINE HEAD』(72年)のSuper Deluxe Edition (3CD+Blu-ray+LP)を性懲りも無くゲットしてしまいました。国内仕様盤は月末発売なので、ココは輸入盤で。『MACHINE HEAD』、中坊の時に買ったアナログ盤に始まって、これで果たして何枚目だ? CDだけでも初期のプラケに紙ジャケ盤、2017年リミックス/リマスターの2枚組Deluxe Editionがある。ま、我が私的ロック史の原点の一枚だから仕方ないけど…

続きを読む

■ FIRE IN MY SOUL・MOUNTAINTOP / MICHEAL GONZALES

michael gpnzalesmichael gonzales 2

イーストL.A.に拠点を置くスパニック系C.C.M.シンガー、マイケル・ゴンザレスが80年代に発表したレアな名盤『FIRE IN MY SOUL』(80年)と『MOUNTAINTOP』(83年)が、揃って25年ぶりのCD化。Cool Soundからの前回盤はいわゆる2in1だったので、単独CD化・紙ジャケでのリリースは初めてになる。収録時間が短いがゆえの2in1で、リーズナブルだったのは有難かったが、マニア目線ではできるだけオリジナル・リリースの体裁に近い方が喜ばれる傾向もあるので、買い直されるムキもいそうだ。もちろん持ってない方は、Must Buyです。

続きを読む

■ GROOVE MERCHANT campaign ~ BUDDY RICH ~

buddy rich_74buddy rich live
buddy rich_last bluesbuddy rich_big bandmachine

連続4ポスト目となる Groove Merchant の廉価キャンペーンからのチョイス。まだまだロニー・スミスやリチャード・グルーヴ・ホームス、ジミー・マクグリフ、リューベン・ウィルソンといったオルガン系ほか、いろいろ残ってはいるのだけれど、サスガに全部は紹介しきれないので、これにて打ち止め。最後のピックアップは、モダン・ジャズ界のレジェンド・ドラマー:バディ・リッチが70年代半ばに Groove Merchant に吹き込んだ5作中、ライオネル・ハンプトンとの共演盤を除くレア・グルーヴ寄りの対象4作を。

続きを読む

■ GROOVE MERCHANT campaign ~ JOE THOMAS ~

joe thomas 76joe thomas_masada
joe thomas 78joe thomas 79

引き続き、70年代の漆黒ジャズ・ファンクの宝庫 Groove Merchant の廉価キャンペーンから3日目。ご紹介するのは、“エボニー・ゴッドファーザー” の異名をとったフルート兼サックス奏者、ジョー・トーマス。彼は72年に Groove Merchant入りし、レーベル名が変わったLRC(レスター・レディオ・コーポレーション)までの7年間で、合計6枚のアルバムを出している。そのうち今季のキャンペーン対象は、75年のGroove Merchant第2作『MASADA』、76年の第3作『FEELIN'S FROM WITHIN』、1作飛んでLRCの78年作『GET IN THE WIND』、79年の『MAKE YOUR MOVE』の4枚だ。

続きを読む

■ GROOVE MERCHANT campaign ~ O'DNEL LEVY ~

odonel levy 2odonel levy 5
odonel levy 4odonel levy 1odonel levy 3odonel levy 6odonel levy 7

まずはお知らせ。ギターマガジンWEB の連載、『職人ギタリストで斬る名盤セレクション [邦人編]』第2弾が公開されました。特集は、シュガー・ベイブのギタリスト、村松邦男。シティポップ系ワークスに限ったチョイスですが、よろしければリンクを辿ってご覧くださると、カナザワとっても喜びます

続きを読む

■ GROOVE MERCHANT campaign

GFs0WvDbsAAdkF8
larry willismichael longo_fankiamichael longo_900 shares

ようやく確定申告提出。エッ、もうとっくに締切過ぎてるだろッ〜って イエイエ、僕ら物書きのギャラというのは、源泉徴収されて支払われるものなので、通常は確定申告=還付請求。だから3月15日の期限は関係なくて、5年間は有効。それでもこの時期に申告するのは、還付が早く、5〜6月の各種納税や国保の一括支払い時期に間に合うから。それで毎年、何とか回しているのです。だからこの時期、裏金問題で政治が揺れてるのはホントに腹立たしい この際、何にもできない岸田総理にはサッサと辞めてもらって石破にでも替えた方が、まだ多少は国民の方を見てくれる気がするなぁ…。

続きを読む

■ NATURAL GAS

natural gas

筆者監修【Private Stock Original Master Collection 〜Light Mellow編】10作品からのご紹介、最後を飾るのはナチュラル・ガス。これはAORとかプレAORではなくて、オトナ向けのブリティッシュ・パワー・ポップ。元バッドフィンガーのジョーイ・モランド (g,vo)、コロシアム〜ユーライア・ヒープ〜テンペストを渡り歩いたマーク・クラーク (b,vo)、元ハンブル・パイのジェリー・シャーレー (ds) に、サザーランド・ブラザーズ&クイヴァーやアル・スチュワートをサポートしていたピーター・ウッド (kyd) の4人から成る、言わばスーパー・グループだった。

続きを読む
HOME
Light Mellow on the Web
Profile

link_fb
細かいNewsはコチラで発信
x_jpg lightmellow_tk
各種情報・音源リンクなど
TOPICS
Light Mellow SearchesからNew Comerを集めたコンピレーション登場!brand new sprouts
Light Mellow Searches〜Brand New Sprouts
足掛け10年のReleaseから厳選した2枚組34曲を1disc Priceで。冊子プレゼントのキャンペーンも展開中
詳細はこちら
Light Mellow 和モノ アーティスト・シリーズ
Light Mellow 森園勝敏LM 森園勝敏
四人囃子、プリズム、ソロ・アルバムから15曲をセレクト
詳細はコチラから
選曲しました
neighbors_made in street 3
■Neighbors Complain■
Made in Street 3 (Live Covers)
スタジオ・ライヴのカヴァー・シリーズ3作目はシティポップ。まずは配信リリース開始
https://linkco.re/UxfEaz6E
LPは8/3 City Pop on Vinyl
Tower Recordsで予約
CDは9/11リリース
監修しました
issei okamoto 2
■ 岡本一生 初CD化■
MOONLIGHT SINGING + MOONLIGHT MYSTERY +1
Tower Records 限定
ご購入はコチラから
Light Mellow Searches
 カナザワ監修シリーズ
 from P-VINE Records


◆リリース一覧はココから◆

state cows - the second one redux cover - no logo
ステイト・カウズ / ザ・セカンド・ワン・リダックス
amazon
Tower Records

david dissg_streetshadowdavid diggs_westcoastaldavid diggs_realworld
デヴィッド・ディッグス
(紙ジャケ仕様)
リアルワールド
amazon / Tower Records
ストリートシャドウズ
amazon / Tower Records
ウエストコースタル
amazon / Tower Records

james sayer
ジェイムズ・セイヤー / クリエイション
amazon
Tower Records

tomi malm live
トミ・マルム / ライヴ
amazon
Tower Records

page 99_3
ペイジ 99 / 99.3 FM
amazon
Tower Records

mike della bella 2
マイク・デラ・ベラ・プロジェクト / ザ・マン・ウィズ・ザ・レッド・シューズ
amazon
Tower Records

maurice white_manifestation
モーリス・ホワイト
/ マニフェステイション
amazon CD
amazon LP
Tower Records / CD
Tower Records / LP

super db_downtown
スーパーDB / ダウンタウン
amazon
Tower Records

tangarine
タンジェリン
/ ブランク・カセット
amazon
Tower Records

Archives
Article Serch
LIVE Light Mellow Vol.7
LIVE Light Mellow Vol.7
We Enjoy 古稀POP

今年も開催決定!
LLM 7
【日時】2024年9月1日(日)
開場15:30/開演16:00
【場所】こくみん共済coopホール/スペース・ゼロ
【出演】杉真理・庄野真代・丸山圭子・叶高(サーカス)
【演奏】白井良明・伊藤広規・坂本洋・岡崎倫典・宮崎まさひろ
詳細はこちらを参照。
ラジオ レギュラー出演中
city pop collection banner
4月からキー局増えました。
岩手IBCラジオ 木曜21:00-
福井FBCラジオ 金曜12:10-
秋田ABSラジオ 土曜16:30~
熊本RKKラジオ 日曜22:30-
radiko Premiumで何処からも
カナザワ奇数月に出演中
レギュラー執筆中
●ギターマガジンWEB にコラム連載中。
『シティ・ポップ・ギター偉人伝』第5回
松下誠の職人ギター・プレイを楽しむ10枚|連載『シティ・ポップ・ギター偉人伝2024-0621-syokunin-guitarist-makoto-matsushita-0001

●ALFA MUSIC公式note、【アルファミュージック考現学】に寄稿しています。
ALFA+アルファ〜リアル・クロスオーヴァー進化論
最新更新はハーヴィー・メイソン『STONE MASON』
harvey mason_alfa
Liner Notes
ann lewis_pink cat
アン・ルイス / ピンク・キャット+5
amazon
Tower Records

aru takamura
高村亜留 / ARU FIRST
amazon
Tower Records

nightshift
NIGHT SHIFT / THE FLYBUSTER
Tower Records(輸入盤国内仕様)
geyster 024
GEYSTER / WHEREVER THE WIND BLOWS
Tower Records(輸入盤国内仕様)
Recent Comments