Light Mellow on the web 〜 turntable diary 〜

音楽ライター:金澤寿和の音盤雑感記
This is Music Journalist : Toshi Kanazawa's Blog. Sorry for Japanese only.

This is Music Journalist : Toshi Kanazawa's Blog.
Sorry for Japanese only.

analog / 7inch

■ ペッカー・パワー / PECKER

pecker

連日のうだるような暑さ。クーラーを効かせた仕事部屋に篭ってPCに向かっているとはいえ、そこを出れば灼熱地獄で、熱気を孕んだ空気が身体にまとわりついてくる。そこでちょっとした気分転換に手を伸ばしたのが、先月末に最近アナログ再発されたばかりのコレ、『ペッカー・パワー』。近年は少々名前を聞く機会が減っているものの、日本初のサルサ・バンド:オルケスタ・デル・ソルの創設者で、渡辺香津美率いるKYLYNでもメンバーに名を連ねたパーカッション名人だ。

続きを読む

■ 高気圧ガール / ジャンクフジヤマ

junk_高気圧ガール

珠玉のシティポップ・カヴァー・アルバム『憧憬都市』が大好評のジャンク フジヤマ。これまで配信リリースのみだった山下達郎の名曲カヴァーをアナログ・シングル化。2021~2022年のシーンを夏色に染めた山下達郎・リメイク・コレクションから飛び出す、アナログ化第3弾のシャイニーなリメイク・トラック。

続きを読む

■ RECORD STORE DAY 2024 +α

valerie carter 7inchyuji danyoko maeno
neighbors complain_cover1neighbors complain 5neighbors complain_023
miki matsubara 真夜中2023yukiko okadaentertainers

20日はアナログ・レコードの世界的祭典:RECORD STORE DAY。ずっと盛り上がってきたアナログ・ブームも、そろそろ曲がり角に差し掛かっていると感じているけど、それでも盤は出続ける。自分のところにも、RSD対象品、RSD対象外だけど近いタイミングで発売、という作品がゴチャッと届いている。ありがたや。

続きを読む

■ LIFE AFTER ROMANCE / NED DOHENY (Color Vinyl)

ned doheny_vinyl

AORファンに大事件なニュース。まだ詳細は明かせないが、78年にワン&オンリーの名盤を出したシンガー・ソングライターが、約45年ぶりのソロ・アルバムを制作中。実はもう2曲ほど、デモが送られてきている。どうやら国も世代も超越したコラボレーションが進んでいるらしく、コイツは楽しみ。過去、中身の薄いカタチばかりのAOR作で歌って、孤高のキャリアを汚した印象があったけれど、今度は期待できそう。無事にアルバム完成〜リリースにまで漕ぎ着けてほしいものだ。待て、続報

続きを読む

■ CLEANING UP THE BUSINESS / SMOOTH REUNION

smooth reunion

スウェーデンのスティーリー・ダン・フォロワー2人組:スムース・リユニオンの08年ワン&オンリー・フル・アルバム『CLEANING UP THE BUSINESS』のアナログ盤が、間もなく発売。この時期はオーレ・ブールド、ピーター・フリーステット、ステイト・カウズらがスウェーデンやノルウェーから続々登場し始めた頃で、北欧AORは新しいムーヴメントとして脚光を浴びつつあった。このスムース・リユニオンも、その盛り上げ役のひとつだった。

続きを読む

■ OUR TIME / 杉本喜代志

kiyoshi sugimoto_ourtime

最近アチコチで話題になることが増えている和ジャズ。文字通りの4ビート系、いわゆるモダン・ジャズやバップ系にはトンと興味が湧かない自分だけれど、そこにロックやソウル、ファンクなどの要素が入ってくると、俄然耳をそばだててしまう。フュージョンというようなカタチの整った音ではなく、実験的要素が強くてまだ混沌としているような、黎明期のクロスオーヴァー・サウンド。それが面白い。1960年からプロ活動を始め、白木秀雄、石川晶、日野皓正らのグループに参加して脚光を浴びた杉本喜代志も、そうしたフィールドで活躍してきたギタリストである。

続きを読む

■ RUN TO LIVE, LIVE TO RUN / 円道一成

issei endo

この週末に執筆中のネタに関連して、久々にこのアルバムをレコード棚から引っ張り出し…。シャークの呼び名の下、今も現役でライヴなどを行なっている日本屈指のピュアなR&Bシンガーの草分けの一人、円道一成の84年作『RUN TO LIVE, LIVE TO RUN』、未だCD化されない幻の一作。山下達郎が2曲楽曲提供/アレンジし、自分のバンドを率いて渾身のギター・カッティングを聴かせているのに、どうして?と思わせられる逸品だ。

続きを読む

■ レコードの日 2023

bobby_heart of mine lpcity music tokyo cornerpyramid 5
junk fujiyama dreamin'minako yoshida_bells lpmatsushita makoto 1st_org
miki matsubara myselfhitomi tohyama_sexy12nami shimada

11月3日は『レコードの日』。ありがたいコトに、アナログ盤が続々届いています。お仕事でズッポリ絡んだモノは当然だけれど、お付き合いで送っていただいた見本盤も多数。ありがたい。中には自分でゲットしたモノも混ざってますが。前から書いてるように、オリジナルのアナログ盤を持っているアイテムは、自分ではあえて買い直さない主義なんだけどね。

続きを読む

■ Pick up Items from CITY POP on VINYL 2023

yuki okazakiyumi seino 2milk
ginji ito_deadly drivenorio maeda_tin panbarber in the livingroom
taeko onuki_summer connectiontaeko onuki_tokairyusenkei_nao kodamayuri tanaka_pearl piercebird_natsu notokimeki_windy summer

先週5日から開催している『CITY POP on VINYL 2023』。各ショップで在庫がなくなる前に、めぼしいアイテムをまとめてご紹介。前から書いているように、個人的にはオリジナルのヴァイナルを持っていたら再発は買わない、 CDがオリジナルならそれで済ませる、という主義なのだが、今年は何故か各方面からの頂きモノが多く。アナログ盤の見本盤なんてホントに数が少ないはずなのに、これは感謝に堪えません

続きを読む

■ FANTASTIC LOVE IN WONDERLAND / 高橋拓也・  - CUPID - / 松原みき on【CITY POP on VINYL】

takuya takahashi 2matsubara miki_cupid

前回ポストに引き続き、【CITY POP on VINYL 2023】のリリース・アイテムから。自分が直接制作に関わっているPAPER MOON PROJECT『CITY POP AVENUE』を除くと、実は一番楽しみにしているのがコレ。高橋拓也の2ndアルバム『FANTASTIC LOVE IN WONDERLAND』。未CD化なのに、何と先にアナログが復刻されてしまいます…

続きを読む

■ CITY POP AVENUE / PAPER MOON PROJECT × CITY POP STORY / Various Artists on 【CITY POP on VINYL】

paper moon project_vinylcity pop story

今年で4回目となるアナログ・レコードのイベント【CITY POP on VINYL】が、8月5日に開催。何故か今回はありがたいことに、リリース・アイテムが続々と手元に集まってきています。その中から、まずは自分も関わっているあたりから。

続きを読む

■ CIRCUS TOWN・ SPACY (2023 Remaster)/ 山下達郎

IMG_1448

当然のごとく、山下達郎『RCA / AIR YEARS Vinyl Collection』第4弾、我が家にも届いています。今回は、1stソロの『CIRCUS TOWN』と2ndソロ『SPACY』。でも自分は締切続きで、しばらくは聴けないままお預け状態になりそうですが…。ただエセや俄かがスッカリ消え失せて、一時の喧騒がなくなってきたのは何より。余計なコトは気に留めず、ジックリとレコードの音と対峙できそうだ。

続きを読む

■ AOR HITS of BURT BACHARACH

c.cross_nyc serenadedioone & friends
patti labbel_onmyownaretha_ever changing

作曲の巨匠バート・バラカック逝く…の報に、音楽系メディアや音楽ファンのSNSは埋め尽くされている。もちろん自分もその報を早々にアップしたが、今回は少し気を鎮めて、自分の第一義であるAOR的見地に立って、その目線で80's中心にバカラックの名曲をサクッと振り返ってみたい。

続きを読む

■ SECRET LOVER / T-GROOVE& GEORGE KANO EXPERIENCE with YUKO IMAI・レコードの日2022 day2

t-groove_yukoamanetrill_fortune townmori hirotaka
miki matsubara_who are youdaddy takechiyo_albummasato arai
yukako hayasekazami ritukohara midori2

いつになく、たくさんのアナログのサンプル盤が届いています。まずは、T-GROOVE & GEORGE KANO EXPERIENCE の『LADY CHAMPAGNE』収録曲<Secret Lover>の別ヴァージョンとして、今井優子がゲスト・ヴォーカルを務めた<Secret Lover (Vocal Version)> T-GROOVE & GEORGE KANO EXPERIENCE with YUKO IMAI。バック・コーラスには、今井のオリジナル最新作『SPELL OF LOVE』でも大活躍しているDaisukeが参加。彼は来年1月の今井の新作発表ライヴにも参加予定です。

続きを読む

■ STAY WITH ME・I FEEL FOR YOU / YUMA HARA

yuma hara 7

国内のみならず、海外の早耳クラブ・ミュージック・ファンからも絶賛の声が届いている2ndアルバム『REALITY』から、初のアナログ・7インチ・カットが本日発売。FM各局でのパワー・プレイや数多くのプレイリストにフィーチャーされたスマッシュ・ヒット<Stay With Me>のDJ MUROによるエディット・ヴァージョンと、『REALITY』タワーレコード限定エディションにボーナス収録されていた<I Feel For You>のカヴァーを収録したスペシャル・ダブル・サイダー!

続きを読む

■ LIVE AT THE FORUM '76 / EAGLES

eagles live 76

76年12月8日に発売されたイーグルス『HOTEL CALIFORNIA』が、全米アルバム・チャートの首位に躍り出たのが、翌77年1月15日。つまり昨日がちょうど45年目だった。そこで取り出したのが、昨年秋に3面の変則アナログ2枚組で発売された『LIVE AT THE FORUM '76』。音源自体は、17年に出た『HOTEL CALIFORNIA 40th Anniversay Expanded Edition』のディスク2に "Live At The Los Angels Forum December 20-22, 1976" として初収録されていて、その10曲をそのままアナログ盤にしている。だから3面の変則盤。グルーヴ(溝)を切っていない4面には、ジャケに映るビヴァリー・ヒルズ・ホテルが浮き彫りになっている。

続きを読む

■ JACK MAGNET (analog)/ JAKOB MUGNUSSON

CamScanner 12-21-2021 07.12n_1

ヤコブ・マグヌッソン『JACK MAGNET』のアナログ・リイシュー盤、諸条件の悪化で発売が遅れていましたが、もう手元に届いています。これでリスケされた24日には、レコード・ショップの店頭に並べられるかと。オリジナル・リリースは81年だから、ちょうど40年目のアナログ再発。しかも北欧アイスランドだけのリリースだったから、オリジナルは超プレミア。日本でもゼロ年代になって存在が知られるようになったというレア・アイテムの初ヴァイナル復刻だ。

続きを読む

■ Vinyls of BOZ SCAGGS, NITEFLYTE, RANDY GOODRUM

boz vyniteflyte vy
randy goodrum_red eye vy

あぁ、こんな時代が来るとは。ボズ・スキャッグス『SLIK DEGREES』、ナイトフライト1st、そしてランディ・グッドラムの最新アルバム『RED EYE』。どれも今月発売されたアナログ盤で、カナザワの解説が付いている。ライター生活20余年、アナログ盤のライナーは初めてではないが、ひと月に3枚も出るのは未だかつてなかったコトだ。

続きを読む

■ AOR CITY on VINYL

ned doheny vyned clear vy (2)
boz vyjimmy messina vyniteflyte vy
booker t. vyaor city by the seaaor city vy_logo

来たる11月3日は【レコードの日】で、多くのアナログ盤が一斉にレコード・ショップの店頭に並ぶ。それと並行してリリースされるのが、ソニー発の【AOR CITY on VINYL】シリーズ。廉価CDの大ヒット・シリーズ【AOR CITY】(2016~17年)から5作品が、初のアナログ盤として順次リイシューされるのだ。

続きを読む

■ 吉田政美 + 濱田金吾 + 芳野藤丸

masami yoshida_my turnkingo_midnight cruisin'fujimal_7inch

28日から開催されている【CITY POP on VINYL 2021】のネタを断続的に紹介しているが、そのラインナップに入っていない激ヨシのシティ・ポップ名盤が、わずか3日遅れでアナログ復刻される。吉田政美の都市型ブラジリアン作『MY TUNE MY TURN』、濱田金吾の人気盤『midnight cruisin'』、そして芳野藤丸の7インチ・シングル『思い出の内側で / Who are you?』。いずれも、目に鮮やかなカラー・ヴァイナル仕様でのリイシューだ。

続きを読む
HOME
Light Mellow on the Web
Profile

link_fb
細かいNewsはコチラで発信
x_jpg lightmellow_tk
各種情報・音源リンクなど
TOPICS
Light Mellow SearchesからNew Comerを集めたコンピレーション登場!brand new sprouts
Light Mellow Searches〜Brand New Sprouts
足掛け10年のReleaseから厳選した2枚組34曲を1disc Priceで。冊子プレゼントのキャンペーンも展開中
詳細はこちら
Light Mellow 和モノ アーティスト・シリーズ
Light Mellow 森園勝敏LM 森園勝敏
四人囃子、プリズム、ソロ・アルバムから15曲をセレクト
詳細はコチラから
選曲しました
neighbors_made in street 3
■Neighbors Complain■
Made in Street 3 (Live Covers)
スタジオ・ライヴのカヴァー・シリーズ3作目はシティポップ。まずは配信リリース開始
https://linkco.re/UxfEaz6E
LPは8/3 City Pop on Vinyl
Tower Recordsで予約
CDは9/11リリース
監修しました
issei okamoto 2
■ 岡本一生 初CD化■
MOONLIGHT SINGING + MOONLIGHT MYSTERY +1
Tower Records 限定
ご購入はコチラから
Light Mellow Searches
 カナザワ監修シリーズ
 from P-VINE Records


◆リリース一覧はココから◆

state cows - the second one redux cover - no logo
ステイト・カウズ / ザ・セカンド・ワン・リダックス
amazon
Tower Records

david dissg_streetshadowdavid diggs_westcoastaldavid diggs_realworld
デヴィッド・ディッグス
(紙ジャケ仕様)
リアルワールド
amazon / Tower Records
ストリートシャドウズ
amazon / Tower Records
ウエストコースタル
amazon / Tower Records

james sayer
ジェイムズ・セイヤー / クリエイション
amazon
Tower Records

tomi malm live
トミ・マルム / ライヴ
amazon
Tower Records

page 99_3
ペイジ 99 / 99.3 FM
amazon
Tower Records

mike della bella 2
マイク・デラ・ベラ・プロジェクト / ザ・マン・ウィズ・ザ・レッド・シューズ
amazon
Tower Records

maurice white_manifestation
モーリス・ホワイト
/ マニフェステイション
amazon CD
amazon LP
Tower Records / CD
Tower Records / LP

super db_downtown
スーパーDB / ダウンタウン
amazon
Tower Records

tangarine
タンジェリン
/ ブランク・カセット
amazon
Tower Records

Archives
Article Serch
LIVE Light Mellow Vol.7
LIVE Light Mellow Vol.7
We Enjoy 古稀POP

今年も開催決定!
LLM 7
【日時】2024年9月1日(日)
開場15:30/開演16:00
【場所】こくみん共済coopホール/スペース・ゼロ
【出演】杉真理・庄野真代・丸山圭子・叶高(サーカス)
【演奏】白井良明・伊藤広規・坂本洋・岡崎倫典・宮崎まさひろ
詳細はこちらを参照。
ラジオ レギュラー出演中
city pop collection banner
4月からキー局増えました。
岩手IBCラジオ 木曜21:00-
福井FBCラジオ 金曜12:10-
秋田ABSラジオ 土曜16:30~
熊本RKKラジオ 日曜22:30-
radiko Premiumで何処からも
カナザワ奇数月に出演中
レギュラー執筆中
●ギターマガジンWEB にコラム連載中。
『シティ・ポップ・ギター偉人伝』第5回
松下誠の職人ギター・プレイを楽しむ10枚|連載『シティ・ポップ・ギター偉人伝2024-0621-syokunin-guitarist-makoto-matsushita-0001

●ALFA MUSIC公式note、【アルファミュージック考現学】に寄稿しています。
ALFA+アルファ〜リアル・クロスオーヴァー進化論
最新更新はハーヴィー・メイソン『STONE MASON』
harvey mason_alfa
Liner Notes
ann lewis_pink cat
アン・ルイス / ピンク・キャット+5
amazon
Tower Records

aru takamura
高村亜留 / ARU FIRST
amazon
Tower Records

nightshift
NIGHT SHIFT / THE FLYBUSTER
Tower Records(輸入盤国内仕様)
geyster 024
GEYSTER / WHEREVER THE WIND BLOWS
Tower Records(輸入盤国内仕様)
Recent Comments